ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県北地域 > 県北農林事務所企画調整部門 > 振興・環境室農業振興課 > クロピラリドによる園芸作物等の生育障害に関する情報

ここから本文です。

更新日:2018年4月16日

クロピラリドによる園芸作物等の生育障害に関する情報

 クロピラリドは,米国,豪州,カナダ等で牧草などの生産に使用されている除草剤で,家畜や人に対する毒性は低く,健康に影響を及ぼす可能性は低いと考えられていますが,トマト,ピーマン等のナス科作物やスイートピー等のマメ科作物などは耐性が弱いとされるため,これらの作物に対し,輸入粗飼料を給与した家畜の排せつ物由来の堆肥を使用した場合,生育障害を起こす可能性がありますので注意が必要です。

 詳しくは,農林水産省のホームページ(クロピラリドによる生育障害に関するQ&A)(外部サイトへリンク)をご参照ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県北農林事務所振興・環境室農業振興課

茨城県常陸太田市山下町4119常陸太田合同庁舎内

電話番号:0294-80-3303

FAX番号:0294-80-3304

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?