ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 森林・林業 > 茨城県林業技術センター > 茨城県内で確認された林野土壌統の特徴

ここから本文です。

更新日:2016年5月19日

茨城県内で確認された林野土壌統の特徴

研究報告No.21(要旨)

城県内で得られた林野土壌に関する知見のうち、最も基本となる土壌統の特徴を、「土地分類基本調査」の成果品から整理・記載した。茨城県内の5万分の1地形図・図幅数は合計30枚である。そのうち同調査の終了した図幅数は、21枚である。また、年度ごとの同調査・報告書の数は、17冊である。以上の調査で確認された林野土壌統の数は66統、関連する農地土嬢統の数は5統で、合計71統に及んだ。なお、水田、畑地などの農地土壌統を、ここでは除外した。71統すべてについて、その特徴を土壌統群別に整理・記載した。
71統を土壌統群で分けると、1.岩屑性土壌(1統)、2.残積性未熟土壌(1)、3.砂丘未熟土壌(2)、4.風化火山拠出物未熟土壌(2)、5.厚層黒ボク土壌(5)、6.黒ボク土壌(10)、7.多湿黒ボク土壌(2)、8.淡色黒ボク土壌(3)、9.乾性褐色森林土壌(14)、10.乾性褐色森林土壌(黄褐系)(1)、11.乾性褐色森林土壌(赤褐系)(2)、12.褐色森林土壌(18)、13.褐色森林土壌(黄褐系)(3)、14.褐色森林土壌(赤褐系)(2)、15湿性褐色森林土壌(2)、16.赤色土壌(1)、17.黄色土壌(1)、18.粗粒褐色低地土壌(1)の、合計18土壌統群に及んだ。
に、各土壌統の母材を表層地質別に整理した結果、1.河川砂礫(1統)、2砂丘砂(2)、3.沖積砂(2)、4.火山灰(20)、5.更新統(7)、6.鮮新統~中新統(1)、7.中新統(Ⅰ)(4)、8.中新統(Ⅱ)(2)、9.中新統(Ⅲ)(2)、10.中新統(Ⅳ)(1)、11.中生界・堆積岩(5)、12.ホルンフェルス(2)、13.各種変成岩(3)、14.花崗岩(10)、15.斑れい岩(2)、16.圧砕花崗岩(3)、17.山地黒ボク(3)、18.赤色風化物(1)と、18種類に整理できた。しかし、各母材の名称分類基準などには、まだ統一性と整合性に欠ける点があることが懸念された。
付録として、各土壌統ごとに代表的な土壌断面柱状図を整理した。この場合、報告書ごとに柱状図が異なれば、それらを網羅した。その結果、整理・記載した柱状図は、129に及んだ。また既存の土壌調査結果から、これ以外の土壌断面柱状図も整理した。それら柱状図の数はスギ林が60、落葉広葉樹(クヌギ-コナラ)林が34、マツ林が20、酸性雨等森林被害モニタリング地点が11、適地適木調査(森林立地区別)地点が102と、合計227に及んだ。以上、整理・記載した土壌断柱状図の総数は、356に達した。
この他、土地分類基本調査・成果品の利活用の観点から、農耕地土壌統分類の問題点を指摘した。また土壌統、土壌図などの、なお一層の利活用法と問題点、将来の課題などについても提言を整理した。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?