ここから本文です。

更新日:2016年3月18日

動物指導センター

関東・東北豪雨に伴う被災ペットへの支援物資の御礼(平成27年11月10日現在)

この度の関東・東北豪雨の影響で、被災ペットへの支援物資につきましては、全国から多くのご支援をお寄せいただきました。皆様からの善意につきましては、支援を必要とする避難者の皆様方、保護活動を行っていただいている方へお届けいたしました。職員一同、心より深く御礼申し上げます。

なお、ご送付の際に送付元の住所、氏名を明記していただいた方には、後ほど御礼状をお出ししたいと存じますが、それ以外の方々におかれましては、誠に恐縮ですが、このホームページ上での御礼とさせていただきます。

犬猫の収容および保護情報等

お飼いになられている犬や猫がいなくなってしまった方、および飼い主のわからない犬や猫を保護されている方は、下記リンクをご覧ください。

公示情報

保護情報

逸走情報

 

おしらせ

平成27年度施設見学会を開催します。

 

小さな命を守り抜くために

飼うなら最後まで

当センターに寄せられるご相談で、「ウチの犬(猫)が子供を産んでしまい困っている。」、「放し飼いにしていたら、いなくなった。」といった内容のものが、恥ずかしながら少なからずあるのが現状です。

何かしらの縁があって出会い、一緒に暮らした家族である犬猫に対して、飼い主としてやってあげられることはやってあげるべきだと考えます。

左の絵は、平成25年度動物愛護週間ポスターのデザイン絵画コンクールで優秀賞を受賞された落合哉美さん(静岡県)の作品です。

ずっと一緒にいるために、飼い主として犬猫という小さな家族に今何をしてあげられるかを考えさせられる印象を受けます。

当センターとして、上記のような事態が飼い主様に起こらないように、以下のことがまず重要だと考えております。

  • 生まれてから困るより、不妊去勢手術をしましょう。
  • 犬の散歩はリードを付けて。
  • 猫は室内で飼いましょう。
  • ペット所有者明示(鑑札・名札等)をしましょう。
  • 動物の遺棄および虐待は犯罪です。

主な業務

茨城県動物指導センターは、「狂犬病予防法」、「動物の愛護及び管理に関する法律」、「茨城県動物の愛護及び管理に関する条例」などに基づいた業務を行っています。昭和62年より業務の効率化を図るため、全県下の動物行政を一元化し、「人と動物の共生する地域社会の実現」を目指して、動物愛護精神と適正飼養の普及啓発に努めています。

担当業務別お問い合わせ先

担当 電話番号・FAX番号番号 担当業務
保護指導課

電話番号:0296-72-1200

FAX番号番号:0296-72-2271

犬等による苦情対策業務

犬及び猫の引取り業務

野犬等の収容業務

収容犬猫の管理、処分業務

特定犬の飼養指導

犬による咬傷事故の調査指導及び咬傷犬の検診

動物由来感染症に関すること

愛護推進課

電話番号:0296-72-1200

FAX番号番号:0296-72-2271

動物取扱業の登録及び監視・指導

特定動物飼養の許可及び監視・指導

犬以外の動物による事故取扱い業務

動物愛護啓発業務

負傷動物等の収容及び応急処置

動物電話相談指導

犬・猫の譲渡

犬・猫譲渡情報バンク

管理課

電話番号:0296-72-1200

FAX番号番号:0296-72-2271

庶務、会計

県有財産及び庁舎の維持管理

当センターへのアクセス方法業務内容等についての詳細は下記リンク先のページをご参照ください。

案内詳細(当センターへのアクセス)

業務内容(業務に関する詳細)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?