ホーム > 茨城で暮らす > 生活 > 動物・ペット > 動物取扱業について

ここから本文です。

更新日:2020年6月5日

第一種動物取扱業について

令和2年6月1日からの動物取扱業について(改正動物愛護管理法)

  • 令和2年6月19日に動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律が公布されました。改正内容については令和2年6月1日より段階的に施行されます。動物取扱業者の方はよく確認のうえ,法令遵守に努めるようお願い致します。詳細は環境省のホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。 


 「令和2年6月1日施行の改正内容について(取扱業関係を抜粋)」

  1. 第1種動物取扱業の登録拒否事由が追加・変更されました(法第12条第1項)
  2. 動物の販売時の重要事項の説明と生体の確認が登録した事業所以外でできなくなりました(法第21条の4)
  3. 販売業や貸出業等の営業者は犬猫以外の動物についても帳簿を備えることが義務付けられました(法第21条の5,法第24条の4,施行令第2条,施行規則第10条の2,第10条の3,第10条の10) 
  4. 動物取扱責任者の選任要件が厳しくなりました(法第22条,施行規則第9条)
  5. 勧告に関する規定が追加されました(法第23条第3項,法第24条の2,法第24条の4) 

第一種動物取扱業とは

平成25年9月1日から従前の動物取扱業は、第一種動物取扱業に移行しました。

第一種動物取扱業とは、動物(哺乳類・鳥類・爬虫類)を扱って行う業のことを言います。第一種動物取扱業の登録は業種ごとに行う必要があります。

 

第一種動物取扱業の種別


1.販売業例(ペットショップ、ブリーダーなど)

  • 動物を繁殖・販売する。(インターネット販売を含む)
  • 動物の販売を仲介する。(インターネット販売を含む)

2.保管業(ペットホテル、トリマー、ペットシッターなど)

  • ペットホテル・ペットシッターとして動物を預かる。(出張を含む)
  • トリミングをするために動物を預かる。(出張を含む)
  • 散歩を代行するために動物を預かる。(出張を含む)

3.貸出業(動物タレント、ペットレンタルなど)

  • コマーシャル・映画撮影のために動物を貸し出す。
  • 愛玩・繁殖目的で動物を貸し出す。

4.訓練業

  • 動物のしつけ・訓練をする。(出張を含む)
    訓練目的以外で預かる場合は「保管業」が必要になります。

5.展示業(動物園、乗馬体験施設、犬猫カフェ、動物サーカスなど)

  • 動物を展示する。
  • ふれあいを目的として、動物を展示する。

6.その他登録が必要な業種

  • 動物の売買をしようとする者のあっせんを会場を設けて競りの方法により行う業者
  • 動物を譲り受けてその飼養を行う業者(当該動物を譲渡した者が当該飼養に要する費用の全部または一部を負担する場合に限る。)

第一種動物取扱業者登録簿

  •  動物の愛護及び管理に関する法律第15条に基づく。

  第一種動物取扱業者登録簿(20.06.1現在)(PDF:777KB)

 

 

 

 

 

↓をクリックしてください
新規登録申請の案内

変更届について

動物取扱責任者研修会の案内


廃業について

申請書類の様式一覧

 

お問い合わせ:

茨城県動物指導センター

〒309-1606茨城県笠間市日沢47番地

電話番号:0296-72-1200(平日8時30分~17時15分)

FAX番号:0296-72-2271

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?