ここから本文です。

更新日:2018年2月2日

新規登録申請の案内について

1.登録に必要な主な要件

動物取扱責任者の配置動物取扱責任者について
施設の要件
事業所、飼養施設、土地の権原など



2.登録の窓口

茨城県動物指導センターの1ヶ所となります。
窓口まで直接お越し下さい。


3.新規登録に必要な書類

「第一種動物取扱業様式」からダウンロードできます。



4.登録の流れ

  • 茨城県動物指導センターにて、登録申請書を提出
  • 現地調査確認(施設有の業者のみ)
  • 登録証の発行送付


5.手数料

登録申請手数料は1件につき15,000円です。対象業種を行おうとする場合、事業所・業種ごとに登録を受けることが必要です。(第一種動物取扱業には、販売、保管、貸出、訓練、展示、その他登録が必要な業種の種別がありますので、複数業種の登録にかかる手数料は、15,000円×業種数となります。)

登録は5年ごとに更新しなければなりません。更新申請手数料は1件につき11,000円です。

各手数料は「茨城県収入証紙」で用意していただきます。

 

 

6.登録の拒否について

1.人(法人)に係るもの

  • 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。
  • 不正な手段により受けた登録を取り消され、その処分のあった日から二年を経過しない者。
  • 登録を受けた動物取扱業者で法人であるものが、不正な手段により受けた登録を取り消された場合において、その処分のあった日前三十日以内にその動物取扱業者の役員であった者でその処分のあった日から二年を経過しないもの。
  • 不正な手段により受けた事により業務の停止を命ぜられ、その停止の期間が経過しない者(法人については、以上の項目についての該当者に役員が該当した場合も同様とする。)
  • 以下の法律の規定(動愛法は全ての規定、他の法律は一部の規定)により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から二年を経過しない者。動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号),化製場等に関する法律(昭和23年法律第140号),狂犬病予防法(昭和25年法律第247号)
  • 動物の販売を業として営もうとする場合にあっては、以下の法律の規定(一部の規定)により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から二年を経過しない者。絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(平成4年法律第75号),鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号),特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(平成16年法律第78号)

 

2.業務内容に係るもの

  • 業務の内容が、動物の適正な飼養管理や取扱いを確保するための基準に適合していないとき。

3.施設設備に係るもの

  • 飼養施設の規模や設備が、基準に適合していないとき。

4.申請に係るもの

  • 申請書や添付書類の重要事項で、虚偽の記載などがあるとき。


戻る

 

お問い合わせ:

茨城県動物指導センター

〒309-1606茨城県笠間市日沢47番地

電話番号:0296-72-1200(平日8時30分~17時15分)

FAX番号:0296-72-2271

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?