ここから本文です。

更新日:2018年7月30日

平成30年度涸沼野鳥観察会について

ラムサール条約湿地涸沼において、野鳥観察会を開催します

開催日程及び場所
第1回:平成30年9月2日,日曜日,砂並草原(大洗町)
第2回:平成30年12月15日,土曜日,いこいの村涸沼(鉾田市)
第3回:平成31年1月12日,土曜日,こいの村涸沼(鉾田市)
第4回:平成31年2月10日,日曜日,網掛公園(茨城町)

詳細については,開催案内をご覧ください。

開催案内(PDF:76KB)

参加申込書(ワード:16KB)

昨年度は,冬鳥が飛来する季節に合わせ涸沼周辺で4回にわたり野鳥観察会を開催し,延べ81名が参加しました。なかには,関西の方から参加していただいた方もいました。また,運良く,昨年度においてもオオワシ(2月10日の観察会時)の姿を観察することができ,参加者からは歓声が上がっていました。

今年度は,昨年度までとは異なり9月にも開催をいたします。8月下旬から9月上旬頃は,ツバメのねぐら入りの時期で,夕暮れに,数千から数万羽のツバメの乱舞を見ることができます。

例年涸沼では,スズガモやキンクロハジロ,ハジロカイツブリなど渡り鳥を中心に平均30種の野鳥を観察することができます。今年度の観察会では何種類の野鳥を確認できるでしょうか。

 

昨年度の観察会の様子

昨年度の野鳥観察会の様子(自然環境課撮影)

オオワシ

オオワシ(清水道雄氏撮影)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課自然・鳥獣保護管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?