ここから本文です。

更新日:2021年8月10日

令和3年度涸沼野鳥観察会について

【第1回目の観察会(令和3年8月28日(土):ツバメのねぐら入り)の中止について】
 令和3年8月28日(土)に開催を予定していた第1回目の観察会については、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止とさせていただきますので、ご了承くださいますようお願いいたします。
 なお、第2回目の観察会(令和4年2月19日(土):冬鳥の観察)については、感染症対策を講じたうえで実施を予定しておりますので、随時参加を受け付けております。

本年度も涸沼で野鳥観察会を開催いたします!

 本年度も涸沼で野鳥観察会を開催いたします。ラムサール条約登録湿地である涸沼では,様々な鳥類が生息しており,普段はなかなか見ることができない野鳥を見ることができます。豊かな自然の中を歩きながら行う野鳥観察は,とても気持ちが良く、リフレッシュにもなります。
 また、今回御参加いただいた方には、当事務局で作成した野鳥の記念ピンバッジ(全4種)をプレゼントいたします!参加費は無料です。皆様の御参加をお待ちしております!
 事前申込制となります。詳細については、案内チラシ(PDF:1,582KB)及び下記を御確認ください。  

観察会の詳細

第1回:ツバメのねぐら入り

 ・開催日時:令和3年8月28日(土)17時~19時
 ・開催場所:砂並草原(東茨城郡大洗町神山町地内)

当日の流れ

 ①当日の17時までに涸沼自然公園の駐車場(東茨城郡茨城町中石崎2263)に集合してください。
  
(※観察会の間は、涸沼自然公園の駐車場にお車をお停めください。)
 ②当協議会手配のバスで砂並草原近くの降車地までで移動し、砂並草原まで徒歩で移動します。
 ③砂並草原に到着後、観察を開始します(1時間10分程度)。
 ④観察会終了後、砂並草原から徒歩でバスの乗車地まで移動し、涸沼自然公園の駐車場まで戻ります。
 ⑤到着後、解散となります。

第2回:冬鳥の観察

 ・開催日時:令和4年2月19日(土)9時~11時
 ・開催場所:いこいの村涸沼周辺(鉾田市箕輪3604)

当日の流れ

 ①当日の9時までにいこいの村涸沼インフォメーションプラザ(鉾田市箕輪3604)に集合してください。
  (いこいの村涸沼本館西側の1階建ての建物になります。)
 ②開会式を行い、観察を開始します(1時間30分程度)
 ③観察会終了後、閉会式を行い、解散となります。

申込方法

 事前申込制です。
 FAX又はメールでの御申込となります。各種申込方法については、以下を御覧ください。

 【FAXで御申込の方】
  ・観察会チラシ(PDF:1,582KB)の裏面に必要事項を御記入のうえ、下記FAX番号あて
   送信してください。
  ・FAX番号<0293-22-5177> 

 【メールで御申込の方】
  ・メール本文に「①参加日、②お名前、③お住いの市町村、④電話番号」を御記載いただき、
   下記メールアドレスあて送信してください。
  ・メールアドレス<hibari@wbsj-ibaraki.jp

その他

 ・定員を超えた場合は、先着順といたします。御参加の可否は電話で御連絡いたします。
 ・雨天中止となります。中止の場合は、集合時間の2時間までに御申込の際にいただいた電話番号へ
  御連絡いたします。
 ・双眼鏡等をお持ちの方は、御持参ください。(当協議会でも一定数ご用意いたします。)

  ※新型コロナウイルス感染症の感染状況等により,中止になる場合がありますので,ご了承ください。

お問合せ先

 ご不明な点については、お手数ですが、下記お問合せ先までご連絡ください。

【涸沼ラムサール条約推進協議会事務局】
 ・電話番号<029-301-2946>
 ・E-mail <shizen2@pref.ibaraki.lg.jp>

 

【日本野鳥の会茨城県】
 ・電話番号<0293-22-5177>
 ・E-mail <hibari@wbsj-ibaraki.jp>

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部環境政策課自然・鳥獣保護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?