ホーム > 茨城を知る > 県のご案内 > 茨城のプロフィール > 県政の歩み > 大正3年 日立鉱山の大煙突完成

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

大正3年日立鉱山の大煙突完成

大正3年日立鉱山の大煙突完成

hitachientotsu

日立鉱山は明治38(1905)年12月,「久原房之助」(くはら・ふさのすけ)によって設立されました。日立鉱山のシンボルともいえる大煙突は大正3(1914)年,煙害対策につくられたものです。高さ155.7mの煙突は,当時東洋一のノッポ煙突でした。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?