ホーム > 茨城を知る > 県のご案内 > 茨城のプロフィール > 県政の歩み > 昭和37年 鹿島開発はじまる

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

昭和37年鹿島開発はじまる

昭和37年鹿島開発はじまる

昭和37年鹿島開発はじまる

鹿島港を近代化し,県経済を首都圏と直結することは茨城県の大きな目標でした。国の高度経済成長政策と県の開発構想に基づき,昭和37(1962)年,「鹿島臨海工業地帯造成計画」により,鹿島・神栖・波崎の3町にまたがる大規模な開発が始まりました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?