ホーム > 茨城を知る > 県のご案内 > 茨城のプロフィール > 県政の歩み > 昭和32年日本初の原子の火がともる

ここから本文です。

更新日:2015年6月17日

昭和32年日本初の原子の火がともる

昭和32年日本初の原子の火がともる

昭和32年日本初の原子の火がともる

「原子力の平和利用」をめざし,東海村に原子力研究所が設置されることが決まって約1年後の昭和32(1957)年8月27日,東海村の実験用原子炉に初めて原子の火がともりました。

《写真提供:独立行政法人日本原子力研究開発機構東海研究開発センター》

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?