ホーム > 茨城で暮らす > 防災 > 原子力安全行政 > 平成29年度ラジオ広報について

ここから本文です。

更新日:2018年2月20日

広報実績

ラジオ広報

原子力と放射線について、県民の皆様から多く寄せられた質問や疑問に、専門家がお答えする形式のラジオ番組「原子力と放射線なんでもQ&A」を下記のとおり放送いたします。

    【日程】
  • 平成30年2月19日~3月16日の土日を除く20日間(IBS茨城放送)
  • 8時10分~8時13分,17時25分~17時28分2回/日

※直前の番組が生放送であるため,放送時間が若干前後する場合があります。

    【放送テーマ】
  1. 放射線の単位・種類・特徴
  2. 放射線測定器
  3. 県内の放射線量
  4. 食品に含まれる放射能
  5. 放射線による健康への影響
  6. 放射線の利用
  7. 原子力発電所の仕組みと安全対策
  8. 県内にある研究用原子炉
  9. 原子力事故の防災対策
  10. 原子力発電の新規制基準

 

原子力ハンドブック(2017年2月発行)

放射線と原子力の基礎知識や,原子力に対する安全・防災対策をわかりやすく解説したものです。


原子力とエネルギーブック(2017年2月発行)

原子力の基礎知識や現在のエネルギー事情などを学ぶことができる学生を対象とした資料です。


平成28年度茨城県の原子力安全行政(平成29年3月発行)

茨城県の原子力安全行政に関する取組や関連施策などをとりまとめたものです。

(容量が大きいためファイルを分割しております。)

その1(PDF:9,085KB)

その2(PDF:9,213KB)

その3(PDF:8,736KB)

その4(PDF:8,417KB)

その5(PDF:9,156KB)


東日本大震災の記録(原子力災害編)

東日本大震災及びそれによって発生した福島第一原子力発電所事故に対する茨城県の対応をまとめたものです。


新聞広報

新聞広報(PDF:2,072KB)

本県の原子力広報事業について、新聞紙面を活用して情報提供を行いました。

広報テーマ「ご存じですか?私たちの生活を支えている放射線の有効利用」

平成29年3月18日茨城新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、東京新聞、日本経済新聞掲載


原子力と放射線の基礎知識普及啓発講座

地域の団体等を対象に、専門家による原子力・放射線の基礎知識に関する講義を行うものです。


市町村広報

原子力施設の所在、隣接市町村において、市町村主体の原子力広報事業が実施されています。

(対象市町村)

所在:東海村、大洗町
隣接:日立市、ひたちなか市、常陸太田市、那珂市、水戸市、鉾田市、茨城町
(所在、隣接については、広報・調査等交付金による分類です。)

 


茨城県原子力安全等推進基金に係る運営及び管理に関する基本的事項の公表

放射線影響調査等等交付金交付要綱(平成12年1月7日施行)第8条第7項イに基づき,茨城県原子力安全等推進基金に係る運営及び管理に関する基本的事項について公表します。

茨城県原子力安全等推進基金に係る運営及び管理に関する基本的事項(PDF:183KB)

 

平成28年度広報・調査等交付金事業評価報告書

県では国の広報・調査等交付金を原資として広報事業を実施しております。

このうち平成28年度事業について,評価報告書を公表します。

平成28年度広報・調査等交付金事業評価報告書(PDF:82KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部原子力安全対策課庶務

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2916

FAX番号:029-301-2929

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?