ここから本文です。

更新日:2013年7月3日

 津波とは

津波の発生メカニズム

 津波は主に地震によりもたらされますが、一体どのように起こるのでしょうか。

 地震は地中の岩盤が広い範囲で壊れてずれ動く現象です。

 そのずれを起こす現象は断層運動といい、広い範囲で海底や地面を隆起または沈降させます。

 津波発生模式図

 

 

 上の図には海底がずれ動き、海面を上昇または下降させる様子を示しました。これが津波のはじまりです。

  水面に石を落とすと波紋が広がるように、断層運動でできたこの海面の凹凸は津波として四方へと伝わります。

 

 津波は深いところでは速く伝わり、浅いところでは遅く伝わります。

 

 深いところから浅いところへ津波が伝わると、波の先端は遅くなり、波の後続部に押されて、水位が急上昇します。

 

 湾や入り江では、地形による津波の集中が起こり大きな津波となることがあります。岬や島の周りでは、津波が反対側まで回り込み高くなることもあります。

 

津波の特徴

津波は引きから始まるとは限らない

津波は繰り返しおそってくる

津波はすばやくおそってくる

津波の破壊力はすさまじい 

津波からは逃げる!

まず高いところに逃げる

津波予報や避難勧告などを待たない

徒歩で逃げて危険が去るまで待つ

港や川岸には近づかない

このページに関するお問い合わせ

土木部河川課海岸

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4489

FAX番号:029-301-6356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?