ここから本文です。

更新日:2020年8月13日

一級河川相野谷川改修事業

事業の紹介

本河川は、取手市小文間地先で利根川に合流する流域面積18.3平方キロメートル、指定区間延長約5,400mの一級河川です。

また、指定区間上流部では、都市排水路の流末として位置付けられており、首都圏のベットタウンとして急激な都市化が進んだため、台風や集中豪雨により度々道路の冠水被害が発生しております。

こういった上流部及び流域内の周辺開発や下高井土地区画整理事業の進展を踏まえ、中下流部の流下断面不足を解消し、洪水被害の軽減及びまちづくりを支援するため、昭和54年度から河川改修に着手しました。

これまで、平成21年度にJR常磐線下流までの約2,200m区間について改修が完了しました。

事業概要

事業名 河川改修事業
河川名 一級河川相野谷川
場所 取手市小文間地先~取手市寺田地先
事業年度 昭和54年度~
工事延長 L=5,400m

現場写真

井野根堰から国道6号方面を望む

(1)井野根堰から国道6号方面を望む

JR橋梁(現在)

(2)JR橋梁(現在)

JR橋梁改築に伴う仮線路工事状況

(3)JR橋梁改築に伴う仮線路工事状況

仮線方式のイメージ

(4)仮線方式のイメージ

このページに関するお問い合わせ

土木部竜ケ崎工事事務所河川整備課

茨城県龍ケ崎市馴柴町35

電話番号:0297-65-1716

FAX番号:0297-65-1415

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?