ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

てんぐす病

害樹種:サクラ、キリ、タケなど

てんぐ巣病の写真

生態と被害
の一部から多数の小枝が発生し、ほうき状になる。
種ごとにそれぞれ異なった病原菌によって起こる。
サクラでは、ほうき状の小枝は花を付けず、早くから小さな葉を茂らせるので美観を損ねる。キリでは、病枝は小型で軟弱な葉を付け、1~2年で枯死、幹の伸長や肥大成長が著しく不良となる。タケでは、病枝は節の間隔が異常に短く、小さな葉を付け、やがて枯死する。いずれの樹種でも樹勢の衰退を招く。

防除法
(1)サクラでは、冬のうちに病枝を健全部分を含めて切除し、薬剤を塗布する。
(2)キリでは、病木を早期に伐採焼却する。
(3)タケでは、老竹を伐採し、適正な密度を保つ。

登録農薬(2014年4月現在)

種類 適用作物 適用病害虫 希釈倍数 使用時期 使用回数 使用方法
チオファネートメチルペースト剤 さくら てんぐ巣病 原液 病枝切除後 5回以内 塗布

実際に薬剤を使用する場合は農薬販売店等に相談するか、下記のページで最新の農薬登録情報を確認してください。
JPP-NETホームページへhttp://www.jppn.ne.jp
林水産消費安全技術センター農薬検査部ホームページへhttp://www.acis.famic.go.jp/index.htm

全国緑の相談窓口一覧(外部サイトへリンク) 

 

病害虫一覧へ戻る

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?