ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

牛久市

 月院の榧

樹種:カヤ
樹齢:約500年
樹高:20m
幹周:5.0m
所在地:牛久市城中町259-1
所有者:得月院
交通機関
JR常磐線牛久駅下車、西口より三日月橋公民館行きバス「牛久三中前」下車、徒歩で南へ15分
得月院の榧への地図

月院は、由良國繁の母(妙印尼公)が秀吉公から1591年に賜った牛久城の一角に得月亭を造営し寓居したのが始りである。この様な歴史背景から見ると、室町時代末期から現代まで粛々と育んできたこのカヤは長い時の流れを感じさせる大木である。
年では、郷土の生んだ日本画壇の巨匠小川芋銭が画材として取り上げた作品「樹下石人談」(1919年)に描かれている。平成4年3月の雪害では大枝が折れて傷が著しいため、過去の腐朽箇所と合わせて外科手術を行っている。

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

名木・巨樹の表紙へ 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?