ここから本文です。

更新日:2018年6月14日

夜間の交通事故防止

●反射材を活用し、夜間の交通事故防止に努めましょう!

交通事故は夕暮れ時から夜間にかけて多く発生しています。
車の前照灯(ライト)が点いていると、「ドライバーは自分の存在を確認しているだろう」、「車は止まってくれるだろう」と考えていませんか。
そうした思い込みは大変危険です。夜間に、横断する歩行者・無灯火の自転車は、車のドライバーから発見しにくいものです。

ドライバーは、夕暮れ時から早めにライトを点け、歩行者・自転車に十分注意願います。
歩行者・自転車利用者も自分の存在を気づかせるように、ドライバーに注意を促してください。

歩行者・自転車利用者は、車のライトが当たると、発見されやすいように明るい色の服を着用する、遠くからでも光って見える反射材製品を身に着ける、自転車利用者は側面やスポークに反射器材を取り付けましょう。
車のライトの光で、反射材がピカッと光ると、ドライバーに歩行者・自転車利用者の存在を知らせることとなり、交通事故防止対策に非常に効果的です。

近年、高齢者の交通事故死傷者数が増えています。高齢者の方が徒歩で夕方や夜間に出かけるときは、明るく目立つ色(白色や黄色)の服を着る、反射材製品を身に着け、昼間以上にしっかりと安全確認をするように、家族や地域で配慮願います。
反射材製品を活用し、夕方・夜間の交通事故防止にご協力願います!

反射材製品には、タスキ、シール、運動靴、スポーツウエア、自転車用反射器材や犬のリードなどがあります。自転車用品売場やスポーツ用品売場等で扱っています。お近くで販売していない場合は、あなたがお住まいの地域の交通安全協会にお尋ね下さい。

※内閣府交通安全ホームページ反射材に関する検討委員会報告書(外部サイトへリンク)
(一財)茨城県交通安全協会(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部生活文化課安全なまちづくり推進室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2842

FAX番号:029-301-2848

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?