ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 自然・生物関連 > 自然 > 自然 > コース14寺社めぐりと田園風景のみち踏破者感想

ここから本文です。

更新日:2018年3月2日

コース14寺社めぐりと田園風景のみち踏破者感想

寺社めぐりと田園風景のみち

歩いた日平成13年5月13日

撮影ポイント[閑居山百体摩崖仏]

旧田土部駅からスタートするため、新治村役場に車を置く。歩いて約15分で旧田土部駅に到着。旧田土部駅を出発し高岡まで旧線路に沿って歩く。沢辺までは桑畑が多い。
道路工事をしていてコースが不明の部分もあったが、日枝神社に無事到着。東城時は平成9年に全焼したので、そのまま撮影ポイントとなっている小町の墓に寄り、写真撮影した後、最近オープンした「小町の里」で休憩。小町の里は水車が回り、立派なトイレや手打ちそばの店がある。小町の里を出発し、向上庵から清流観音へ。
清流観音から大志戸を越え老人ホームの先を曲がると、中央青年の家まで登りの林道となる。このあたりは養豚が盛んなようで、かなり臭い。
中央青年の家に到着。グランドではキャンプファイヤ-の準備中であった。中央青年の家を過ぎると休憩所があり右側に霞ヶ浦が良く見える。休憩所にはふれあいの道の石碑があったが、落書きがひどく、写真はあきらめた。
桜並木の道を下りてくると、また養豚場ある。臭いをこらえながら歩き、永井バス停に到着。ここからバスでまた土浦駅経由で新治に戻ろうと思ったが、待ち時間がかなりあったので、県道を約40分歩き、新治村役場に到着。車で帰宅した。

ース行程(所要時間:2時間52分)
旧田土部駅[13時10分]~日枝神社[14時20分]~小町の里[14時45分]~清滝観音[15時20分]~県立中央青年の家[16時25分]~永井[17時05分]
その他のコース風景

 

閑居山・百体摩崖仏

 

 

山本五輪塔

 

 

下佐谷・コース終点

 

閑居山・百体摩崖仏 山本五輪塔 下佐谷・コース終点

コースの感想
中央青年の家付近は養豚が盛んで臭いがすごかった。小町の里周辺はのんびりとしていて、ゆったりした気持ちになれたので良かった。[高橋裕介]
どこまでも続く田園の道、とても青々としてのどかな雰囲気が良かったです。[高橋洋子]

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課自然・鳥獣保護管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?