トップページ > 調査・研究 > 世界湖沼会議・霞ヶ浦宣言

世界湖沼会議・霞ヶ浦宣言

第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)が茨城県で開催されます。

世界湖沼会議が茨城県で開催されることの意義等については、次のページをご覧ください。

第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)の基本構想が策定されました。

会議のテーマや趣旨、会期や会場などの概要が発表されていますので、次のページをご覧ください。

世界湖沼会議

世界湖沼会議は、1984年に滋賀県が提唱して開催した「世界の湖沼環境の保全に関する国際会議」以来、世界各地で開催されてきました。研究者・行政担当者・NGOや市民等が一同に集まり、世界の湖沼及び湖沼流域で起こっている多種多様な環境問題やそれらの解決に向けた取り組みについての議論や意見交換の場となっています。

各回の開催地、テーマ、参加者数等のデータは以下のページからご確認ください。

第6回(霞ヶ浦)〜第10回(米国・シカゴ)世界湖沼会議のようす

第11回世界湖沼会議(ケニア・ナイロビ)への参加について

第12回世界湖沼会議(インド・ジャイプール)への参加について

第13回世界湖沼会議(中国・武漢)への参加について

第14回世界湖沼会議(米国・オースティン)への参加について

第15回世界湖沼会議(イタリア・ペルージャ)への参加について

第16回世界湖沼会議(インドネシア・バリ島)への参加について

霞ヶ浦宣言

霞ヶ浦宣言は、平成7年に霞ヶ浦周辺で開催された第6回世界湖沼会議において発表されました。霞ヶ浦宣言の全文はこちらからご覧いただけます。

いばらき霞ヶ浦賞 NEW!!

茨城県では、開発途上国の研究者等の湖沼環境保全に関する優れた論文を顕彰することにより、国際的な湖沼環境保全に関する研究や技術開発の進展に寄与するため、世界湖沼会議において、いばらき霞ヶ浦賞を授与しています。

これまでの授与実績


※第9回世界湖沼会議は滋賀県開催のためいばらき霞ヶ浦賞の設定はありません。