ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 産業戦略部 > 本庁 > 労働政策課 > 女性活躍 > 平成29年度働く女性応援セミナー&交流会

ここから本文です。

更新日:2020年5月12日

平成29年度 働く女性応援セミナー&交流会

「働く女性応援セミナー&交流会」を開催しました

 平成30年2月1日(木曜日)に「働く女性応援セミナー&交流会」を水戸市内で開催しました。

 今回のセミナーでは,初の試みとして,業種別及びキャリアステージ別のグループディスカッションを取り入れ,その後,交流会を催しました。

 参加された女性の方々からは「同じ業種や立場の女性の考えを直接聞くことができ,良い機会となった。」「他業種の人との交流を通じて,大きな気付きがあった。」など,ご好評をいただきました。

開催 

■ 日時 平成30年2月1日(木曜日)13時30分から17時まで

■ 場所 ホテルレイクビュー水戸(水戸市宮町1-6-1)

参加者 

県内在住又は在勤の働く女性 80名  

(1) 次の業種に従事する若手・中堅職員

 ①製造業・建設業,②医療・福祉・介護分野,③金融業・小売業・その他

(2) 女性管理職

(3) 茨城県から「働く女性のためのメンター」を委嘱された企業に勤務する女性

講演

 ダイキン工業株式会社で女性管理職(東京支社コーポ―レートコミュニケーション室IRグループ担当課長)として活躍する山田香織氏より,「自分にとっての女性活躍推進とは何か」と題して,自らのキャリア形成の経験や社内外での女性活躍推進の取組などを例に,女性自身が自ら成長していくための意識等について,ご講演いただきました。

 山田氏からは,「女性個人にとっての女性活躍推進とは,自己を見つめ,自身と対話し,成長することだと感じており,『自分にとって大切なものは何か』を考え,考えたことを“リフレーミング”するとともに,健康第一で進んでいってほしい」と,参加者へのエールをいただきました。

network1

network2

グループディスカッション

 業種別及びキャリアステージ別のグループに分かれ,仕事と家庭の両立やキャリア形成など,それぞれが抱える悩みや課題を共有し,課題解決に向けて活発な意見が交わされました。

 仕事と家庭を両立させるための工夫として「自分の重視したい順にスケジューリングする」「上司や同僚と積極的にコミュニケーションをとり,お互い様の雰囲気をつくる」といった提案や,自分自身がロールモデルとなるために「なりたい姿をきちんと描くことが必要」「後輩職員から信頼されるよう,率先して模範を示す」といった意見が出され,最後に,各自が,自分らしく働くために明日から実践する「行動宣言」を行いました。

network3

交流会

①イスヨガ

 一般社団法人日本ヨガメディカル協会代表理事の岡部朋子氏の指導の下で,職場の休憩時にも簡単に取り入れることができる「イスヨガ」を体験しました。

②県委嘱メンターの紹介

県から「働く女性のためのメンター」を委嘱された企業に勤務する女性8名をステージ上で紹介しました。

network4

 県では,県委嘱メンターによるメール相談制度を実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

③交流

 講師や参加者同士で名刺交換をしたり,ケーキとコーヒーを楽しみながら話に花を咲かせたりするなど,和やかな雰囲気で交流を深めていました。

network5

このページに関するお問い合わせ

産業戦略部労働政策課労働経済・福祉

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3635

FAX番号:029-301-3669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?