ここから本文です。

更新日:2016年9月1日

平成28年度「夏のアクア施設体験ツアー」県西コース

小学生3年生~6年生とその保護者の方を対象に、水の大切さや下水道の仕組みと役割について理解を深めるためのバスツアーを実施しました。

第3弾の県西コースでは、専門家の指導のもと、桜川の上流で水生生物の採取・観察や、川の水の水質調査を行いました。県西浄化センター「きぬアクアステーション」の見学を通して生活排水が処理される行程を学びました。

kensei_1 kensei_2

1.網と水槽を持って、桜川での水生生物の観察に出発!

2.環境アドバイザーの川島先生から、水生生物を捕まえるコツを教えてもらいました。

 

kensei_3 kensei_4

3.いよいよ水生生物の採取に挑戦!
うまく捕まえられるかな?

4.採取した生き物を観察しました。
桜川に生息する様々な生き物にみんな夢中!

 

kensei_5 kensei_6

5.講師の方が捕まえた大物のアメリカナマズやギンブナと一緒に記念撮影!

6.桜川の水質検査を行いました。実験の結果、桜川上流の水はきれいな水であることが分かりました。

 

kensei_7 kensei_8

7.「きぬアクアステーション」に移動しました。
これから下水道のしくみについて学習していきます。

8.透視度計を使って、処理途中の水の透明度合いを調べています。これからどれだけきれいになるのかな?

kensei_8 kensei_11

9.こちらは最終沈澱池です。水がきれいになっていく過程に興味津々!

10.活性汚泥中の微生物を観察しています。
たくさんの微生物が見えました!

このページに関するお問い合わせ

土木部下水道課企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4674

FAX番号:029-301-4699

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?