ここから本文です。

認知症初期集中支援チーム

認知症初期集中支援チームとは

市町村が設置する認知症の専門チームで、医師(認知症サポート医)と医療・介護の専門職(保健師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士等)で構成され、それぞれの専門分野を活かしながら認知症の早期発見と早期対応を目指して活動します。

認知症の方、またはその疑いのある方のお宅を訪問し、認知症についての心配ごとや困っていることをお聞きし、様々な支援を行います。

認知症初期集中支援チームの相談から支援まで

認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で暮らし続けられるように、なるべく早いうちに認知症の人やその家族に関わります。そして、適切な医療や介護などのサービスに繋がって、在宅生活が続けられる目処が立つように、概ね6か月以内を目安に支援を行います。

  1. まずはご相談ください                                          ご自身やご家族が認知症かもしれないと思ったら、お気軽にお住まいの市町村の認知症初期集中支援チームにご相談ください。
  2. 家庭訪問                                                   ご本人のお身体や現在の生活状況などを把握するために、保健医療福祉の専門職が複数でご自宅に訪問し、ご本人・ご家族などからお話を伺います。
  3. 認知症初期集中支援の実施                                        訪問時にお伺いした情報などをもとに、認知症初期集中支援チーム員会議を行い、チーム員(医師と保健医療福祉の専門職)などにより話し合われた内容に沿って、支援を行います。
    例えば、専門医療機関を受診するための支援

      介護保険をはじめとするサービスの利用手続き

      認知症の症状や対応方法についての助言

    4.  認知症初期集中支援の終了 →その後の引き継ぎ 

認知症初期集中支援チームは、初期段階で集中的に支援することを目的としています。適切な医療や介護などのサービスにつながり、在宅生活が続けられる目処が立てば、認知症初期集中支援は終了となります。そして、今後の支援の主体となる機関である地域包括支援センターや居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)などに引き継ぎます。

 

対象になる方

在宅で生活されている40歳以上の方で、認知症の疑いのある方、認知症の診断を受けている方で、かつ、次の①②に該当する方です。

  • ①適切な医療サービスや介護サービスを受けていない方、またはサービスの利用を中断している方
  • ②医療サービスや介護サービスを受けているが、認知症の症状が悪化し対応に悩んでいる方

認知症初期集中支援チームの実績と問い合わせ窓口

茨城県内市町村の認知症初期集中支援チームの活動状況や、チームへの問い合わせ窓口を掲載していますのでご覧ください。

 

【認知症初期集中支援チーム】市町村取組実績と問い合わせ窓口(R3.4.1現在)(PDF:176KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部健康・地域ケア推進課認知症対策

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3334

FAX番号:029-301-3318

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?