ここから本文です。

更新日:2019年7月18日

里親制度

里親とは

家庭での養育を受けることができない子どもを預かり、その温かい愛情と家庭的な雰囲気の中で育てていただく方のことです。

特に近年、急増する児童虐待や配偶者からの暴力などにより、子どもや家庭を取り巻く環境が大きく変化し、より家庭的な養育環境を提供するため「里親」の積極的な活用が重要となっています。

里親には次の種類があります

 

1.養育里親

保護者のいない児童または保護者に監護されることが不適当であるとみとめられる児童(以下、「要保護児童」という)を養育する里親

2.養子縁組前提の里親

要保護児童について養子縁組によって養親となることを希望する里親

3.親族里親

要保護児童の両親その他現に監護する者が死亡、行方不明または拘禁等の状態になったことにより、その要保護児童を養育する三親等以内の親族の里親

4.専門里親

2年以内の期間を定めて、要保護児童のうち児童虐待等の行為により有害な影響を受けた児童を養育する里親

 

里親になるためには

里親になるためには、里親とその家族が子どもの養育について理解と熱意を持ち、健全な家庭生活を営んでいることなど、いくつかの要件があります。

里親になることを希望される方や興味のある方は、児童相談所までお問い合わせください。

児童相談所の連絡先へ


このページに関するお問い合わせ

保健福祉部筑西児童相談所子ども地域支援課

茨城県筑西市二木成615(筑西合同庁舎分庁舎内)

電話番号:0296-24-1614

FAX番号:0296-24-6421

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?