ホーム > 運転免許 > 手続き > 更新手続き(運転免許)

更新日:2020年6月8日

ここから本文です。

更新手続き

お知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一時休止していた運転免許業務を、下記のとおり再開します。

  • 運転免許センター:6月8日(月曜日)から
  • 警察署:6月15日(月曜日)から

業務再開後、当分の間は混雑が予想されます。感染症拡大防止のため、

  • 運転免許の有効期間に余裕のある方は、可能な限り、解除直後の来庁を控えていただくよう、ご協力をお願いします。
  • 発熱やせきが出るなど体調が悪い場合は来庁をご遠慮ください。
  • 来庁時はマスクの着用をお願いします。
  • 混雑状況により入場を制限する場合があります。また、状況によっては当日の更新や受験をお断りすることもありますのでご了承ください。

なお、運転免許証の有効期間の延長につきましては、これまでどおり受け付けております。詳細については新型コロナウイルス感染症への対応-運転免許証の更新に関する特例措置(有効期間の延長手続等)をご確認ください。

更新手続き(運転免許)

運転免許証の有効期間が満了する方又は期間前(海外旅行・出産等のやむを得ない理由のある方)の更新手続案内となりますので、有効期間が過ぎている方他の自動車免許の卒業証明書を所持している方は、次の該当項目を選んでください。

運転免許証の更新手続き

  • 警察署で更新手続を申請された違反運転者等(違反・初回講習対象者)の方は、運転免許証に表記された有効期間内に更新時講習を受講しないと運転免許証は失効しますので、自動車等を運転されますと無免許運転となります。
  • 運転免許証の作成について
    運転免許証は、運転免許センター又は警察署において、申請者本人を直接撮影して作成していますが、申請者の希望により持参した写真(1枚)により作成することができます。
    持参する写真は、申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景の縱の長さ3.0センチメートル×横の長さ2.4センチメートルの鮮明な証明写真で、その裏面に氏名及び、撮影年月日を記入したものです。
    (※)持参した写真で作成する運転免許証は、運転免許センターの平日の更新申請は即日交付となりますが、日曜日又は警察署での申請は、後日交付になります。
    詳しくは、「持参した写真での運転免許証の作成」をご覧下さい。

申請の場所及び日時

申請の場所

運転免許センター又は県内の各警察署となります。
なお、優良運転者(ゴールド免許証を取得できる方)は、運転免許証の住所を変更しないで全国の公安委員会を経由して更新手続を申請することができます。
その手続は、更新期間の初日から誕生日までの1箇月以内となります。(茨城県での経由更新手続は、茨城県警察運転免許センター(茨城県東茨城郡茨城町長岡3783-3)へ申請してください。)
県外での経由更新手続の申請をご覧ください。

申請の日時

運転免許センターでの申請

月曜日から金曜日及び日曜日(土曜日、祝日、休日及び12月29日から翌年1月3日までは取扱いません。)

受付日

講習区分

受付時間

講習時間

運転免許証の交付

月曜日
から
金曜日

違反・初回
(違反者等講習)

午前8時30分~午前9時20分
午後1時~午後1時50分

2時間

即日交付

優良
(優良講習)

午前9時20分~午前10時
午後1時50分~午後2時30分

30分

一般
(一般講習)

午前10時~午前10時40分
午後2時30分~午後3時10分

1時間

高齢者講習等終了者

午前8時30分~午前11時
午後1時~午後4時30分

受講済

日曜日

違反・初回
(違反者等講習)

午前8時~午前9時
午後1時~午後2時

2時間

即日交付

優良
(優良講習)

午前10時~午前11時
午後2時~午後3時

30分

一般
(一般講習)

午前9時~午前10時
午後1時~午後2時

1時間

高齢者講習等終了者

午前8時~午前11時
午後1時~午後3時

受講済

日曜窓口が混雑する時期等について
  • 午前中は大変混雑しております。午後の更新受付がお勧めです。
  • 年末年始及びゴールデンウィーク後の初めの日曜日は、午前午後とも大変混み合います。
  • 4月中の日曜窓口は、免許の住所変更等の記載事項変更の手続きが急増しますので、大変混み合います。

警察署での申請

月曜日から金曜日(土曜日、日曜日、祝日、休日及び12月29日から翌年1月3日までは取扱いません。)

受付日

講習区分

受付時間

講習時間

運転免許証の交付

月曜日
から
金曜日

違反・初回
(違反者等講習)

午前8時30分~午前11時
午後1時~午後4時30分

指定された日に2時間

更新手続を行った警察署が指定した講習を受講した場合は講習終了後に交付されます。

指定以外の場所で講習を受講した場合は、講習終了後に更新手続を行った警察署で交付されます。(更新時講習済証の印が押された運転者手帳を持参してください。)

優良
(優良講習)

午前8時30分~午前10時
午後1時~午後2時30分

30分

即日交付

一般
(一般講習)

午前10時~午前10時40分
午後2時30分~午後3時10分

1時間

高齢者講習等終了者

午前8時30分~午前11時
午後1時~午後4時30分

受講済

  • 注1 高齢者講習対象の方は、事前に教習所で講習を受講しないと更新手続の申請はできません。
  • 注2 警察署で申請の違反・初回講習を受講される方は、申請時に窓口で指定された日の講習を受講後に交付となりますので、申請手続と講習の日が別の日となります。
  • 注3 運転免許センターでの日曜日の申請は、大変混雑いたします。
  • 注4 申請書類作成に時間を要しますので、余裕を持ってお越しください。

更新手続に必要なもの

  1. 運転免許証
  2. 更新手数料 2,500円
  3. 講習手数料
    • 優良講習(30分) 500円
    • 一般講習(1時間) 800円
    • 違反講習(2時間) 1,350円
    • 初回講習(2時間) 1,350円
  4. 「運転免許証更新手続のお知らせ」のハガキ(ハガキの無い場合は申請時に窓口の係員に申出てください。)
  5. 運転免許証の記載事項に変更がある場合は、以下のいずれかの証明書類が必要となります。
    • 本籍、氏名又は生年月日を変更される場合は、本籍が記載された住民票(※1)
    • 住所を変更される場合は、マイナンバーカード、住民票(※1)、新住所の健康保険証、官公庁が発行した郵便物等、住所が確認できる公共料金領収書等、外国籍の方は在留カード等
      次のものは、認められない書類です。
      • マイナンバー制度施行時の「通知カード」
      • 消印のない手書きのハガキ等(年賀状含む)
      • 宅配物の送り状等
      • カタカナ書きの郵便物(免許記載事項の漢字入力ができないため)
      • 転送された郵便物
  6. 高齢者講習若しくは6箇月以内に、特定任意講習又は公安委員会認定の代替講習を受講された方は、講習終了証明書を持参してください。
  7. 眼鏡等(視力検査時のコンタクトレンズ装着は、度なしでも眼鏡等使用とみなします。)

※1住民票については、マイナンバーの記載がないか、マスキングされたものに限ります。
2申請時に、外国籍の方は、パスポート、在留カード、特別永住者証明書等のいずれかを確認させていただきます。

更新期間について

通常の更新

更新期間は、誕生日の前後各1箇月となります。

有効期間の満了する日が、土曜日、日曜日、休日、祝日及び12月29日から翌年1月3日に当たるときは、これらの日の次の平日まで有効とみなされます。

なお、運転免許証の有効期間が経過すると更新手続ができませんので特定失効の手続が必要となり、運転免許証を交付されるまでに自動車等を運転すると無免許運転となります。

期間前更新

海外旅行や入院等やむを得ない理由で、更新期間内に更新を受けることができない方は、更新期間前に手続することができます。

期間前更新の手続き

上記「申請の場所及び日時」のとおりとなりますが、「運転免許証更新手続のお知らせ」のハガキがないため講習区分が判明しませんので、

  • 警察署で手続する場合は、優良講習区分の受付時間
  • 運転免許センターで手続する場合は、違反・初回講習区分の受付時間

に、手続先の窓口で確認することになります。

手続に必要なもの

上記「更新手続に必要なもの」のほか、パスポート、母子手帳、出張証明書等のやむを得ない理由を証明するものを持参してください。

運転者区分と講習区分について

運転者区分と講習区分については、下表のとおりです。

運転者区分

講習区分

講習時間

運転者区分の基準

優良運転者

優良講習

30分

免許の継続期間が5年以上、かつ、有効期間の満了する日の直前の誕生日の40日前の日、前5年間において、違反行為又は重大違反唆し等若しくは道路外致死傷をしたことがない方

一般運転者

一般講習

1時間

免許の継続期間が5年以上、かつ、有効期間の満了する日の直前の誕生日の40日前の日、前5年間において、軽微な違反行為を1回のみしたことがあり、重大違反唆し等若しくは道路外致死傷をしたことがない方

違反運転者等

違反講習

2時間

有効期間の満了する日の直前の誕生日の40日前の日、前5年間において、違反行為(軽微な違反行為を1回のみしたことがある場合を除く)又は重大違反唆し等若しくは道路外致死傷をしたことがある方

初回講習

2時間

免許の継続期間が5年未満で、有効期間の満了する日の直前の誕生日の40日前の日、前5年間において、違反行為がないか、軽微な違反行為が1回のみで、重大違反唆し等若しくは道路外致死傷をしたことがない方

高齢運転者

高齢者講習

有効期間の満了する日における年齢が70歳以上の方
(※)高齢者講習等をご覧ください。

やむを得ない理由により失効し、6箇月以内に再取得された方

海外旅行、入院などのやむを得ない理由で運転免許が失効し、その後6箇月以内に運転免許を再取得した場合は、運転免許を受けていた期間が継続していたと認められる場合があります。違反等のない方は優良運転者等に変更となる場合がありますので、該当する方は、やむを得ない理由を証明できる資料(パスポート、入院証明書等)を持参し、その旨を申出てください。
なお、上記の適用を受けた場合でも免許年月日(取得年月日)は再取得の日となります。

県外での経由更新手続の申請

優良運転者(ゴールド免許証を取得できる方)は、更新期間の初日から誕生日までの1箇月間に限り、県外の指定された更新窓口で、「運転免許証更新手続のお知らせ」のハガキを提示して更新申請をすることができます。ただし、次の方は除かれます。

  • 身体に関する免許の条件(眼鏡等、補聴器使用を除く)を付されている方
  • やむを得ない理由による免許取得者で再取得後5年未満の方
  • 運転免許証の記載事項変更を伴う方

県外で更新の経由申請を行った場合の運転免許証の交付は、茨城県公安委員会が更新の可否を判断して行います。適性検査の再検査が必要な場合は本人にその旨を通知します。

申請場所及び受付時間等

都道府県公安委員会によって異なりますので、申請地先の運転免許センター又はホームページで確認してください。

更新手続に必要なもの

  • 運転免許証
  • 「運転免許証更新手続のお知らせ」のハガキ
  • 写真1枚(6箇月以内に撮影したもの、無帽、正面、上三分身、無背景、縦3センチメートル×横2.4センチメートルで鮮明なもの、裏面に氏名を記入)
  • 手数料
    更新手数料2,550円(茨城県の収入証紙)
    (※)茨城県収入証紙は、茨城県内の運転免許センターや各警察署の交通安全協会で販売しています。
  • 経由申請手数料、講習手数料(申請場所で購入)

運転免許証の交付

運転免許証は、茨城県警察運転免許センター又は郵送により交付を受けることができます。

郵送を希望の方

運転免許証の郵送(有料)を希望する方は、申請の際に窓口で申し込んでください。
なお、旧運転免許証は、同封の返信用封書で返納してください。

郵送を希望しない方

申請日から3週間経過した日以降に、茨城県警察運転免許センターで月曜日から金曜日の平日、午前8時30分から午後5時までの間に運転免許証を持参し、新しい運転免許証の交付を受けることになります。
ただし、家族の方が代理で受領する場合は、身分関係が確認できるもの(運転免許証等)を持参してください。

関連情報

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:交通部運転免許センター

連絡先:029-293-8811