ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県西地域 > 県西農林事務所結城地域農業改良普及センター > ナシ園の若返りを目指して~茨城県梨組合連合会研究部の現地検討会が開催されました

ここから本文です。

ナシ園の若返りを目指して                                             茨城県梨組合連合会研究部の現地検討会が開催されました

 

   12月4日,八千代町現地ほ場においてナシの改植をテーマにした研修会が開催され,県内各地のナシ生産者・関係機関約50名を集まり,樹体ジョイント仕立て等について研修しました。

 樹体ジョイント仕立ては,ナシ樹を一列に密植し主枝先端を隣の樹に接ぐ仕立て方です。密植による早期成園効果があることに加え,作業動線が直線になるため様々な管理作業の省力化に繋がります。従来の植え方とは大きく異なるため,植栽場所の決め方やほ場の準備方法等,取組のコツについて農業総合センターの専門技術指導員より説明を受けました。

ナシ産地の高齢・高樹齢化が全県的に課題となっている中,ナシ園の若返りを図る一手となることが期待されます。説明を聞く参加者