ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 森林・林業 > 特用林産物 > 笠間市のたらのめ(野生)に係る出荷自粛要請の解除について

ここから本文です。

更新日:2019年1月10日

 

 

笠間市のたらのめ(野生)に係る出荷自粛要請の解除について

 

 東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う放射性物質の影響で、県が出荷自粛を要請した笠間市のたらのめ(野生)につきまして,平成28年春以降の検査の結果により安定して基準値を下回ることが確認されたため,平成31年1月10日付けで解除となりました。

 なお,東京電力福島第一原子力発電所事故以降,たらのめ(野生)について,国の出荷制限又は県の出荷自粛の対象とされた茨城県内の市町村は,笠間市のみでした。

 

市町村名

品目

形態

現在の状況

開始日

解除日

笠間市

たらのめ

出荷自粛

解除済み

平成24年4月25日

平成31年1月10日

 

 笠間市の出荷に向けた検査及び今後の出荷管理

  • 市が3検体以上の出荷前検査を行い,基準値以下であることを確認した上で出荷が可能となります。
  • 市は,発生期間内に定期的な検査を行うなど,出荷管理を徹底していくことが必要です。

 

県では,森林湖沼環境税を活用して
森林の保全・整備や霞ヶ浦などの水質保全を進めています。

 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林政課指導

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4026

FAX番号:029-301-4039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?