ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 農林水産部 > 本庁 > 農業機械化促進法廃止後の本県の対応について

ここから本文です。

更新日:2021年9月8日

農業機械化促進法廃止後の本県の対応について

県では農業機械化促進法法廃止後も引き続き

農業機械化の促進と農作業安全対策に取り組んでいきます

平成30年4月1日付で農業機械化促進法が廃止されましたが,県では,引き続き,関係機関と連携し,機械化の促進と農作業安全対策に取り組むため,平成30年4月1日付で「茨城県農業機械整備施設認定要領」及び「茨城県農業機械整備施設設置基準」を,また,平成31年2月に「茨城県特定高性能農業機械導入指針」(平成31年4月1日施行)を策定しました。

 

(参考)引き続き取り組む内容

1.機械導入の際の利用規模の下限面積の設定

2.農業機械士等に係る制度

3.農業機械整備施設認定制度

4.農作業安全対策

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部産地振興課種子対策

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3921

FAX番号:029-301-3939

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?