ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 自然・生物関連 > 自然 > 鳥獣保護管理 > 鳥獣保護・希少野生鳥獣 > 令和2-3年シーズンの野鳥における高病原性鳥インフルエンザ発生状況について

ここから本文です。

更新日:2021年11月4日

令和2-3年シーズンの野鳥における高病原性鳥インフルエンザ発生状況について

県内における野鳥監視重点区域の指定・解除について

 

番号 発生場所 種類 指定日 解除日(24時)
1 城里町 家きん 2月2日 3月18日
2 潮来市 死亡野鳥(コブハクチョウ) 2月4日 3月3日
3 千葉県旭市 家きん 2月6日 4月28日
4 栃木県栃木市 死亡野鳥(ハヤブサ) 2月15日 4月2日
5 栃木県栃木市 死亡野鳥(ノスリ) 3月3日 4月2日

 

 ※家きんにおける発生状況については、「鳥インフルエンザ関連情報(農林水産部畜産課)」を参照ください。

 

報道機関提供資料

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部環境政策課自然・鳥獣保護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?