交通安全思いやり110番

交通安全思いやり110番

夜間、多数の高齢者や泥酔者が交通事故に遭っています。

  • 道路上でうずくまり、座り込んでいる。
  • 深夜ふらつき徘徊をしている。
  • 車両の直前を危険横断している。
  • 道路中央や対向車線を蛇行しながら自転車で走行している。
  • その他、異常な挙動から交通事故の被害に遭うおそれがあると認められる

このような人を発見した時に、110番通報をしていただき、警察が発見・保護することで、高齢者や泥酔者の交通事故を未然に防止しようとするものです。

このページのトップへ戻る

活動実績は

平成21年8月から平成27年12月末までの間において、延べ3,920件を受理しています。

平成27年は、483件を受理しています。

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:交通部 交通総務課
連絡先:029-301-0110