ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

茨城県景気ウォッチャー調査(平成25年9月調査分)

 平成25年10月21日掲載

 

 目次

 

  1. 概況
  2. 全県の動向
  3. 地域別の動向
    地域別の動向(現状)
    地域別の動向(先行き)
  4. 報告書
  5. 統計表

 

ページの先頭に戻る

 1.概況

1.1.景気の現状判断DI

景気の現状判断DI
  平成25年6月 平成25年9月 前回調査比
茨城県

49.7

50.4

+0.7

県北地域

42.1

47.7

+5.6

県央地域

50.4

52.9

+2.5

鹿行地域

52.2

46.9

△5.3

県南地域

50.5

53.9

+3.4

県西地域

53.0

50.5

△2.5

1.2.景気の先行き判断DI

景気の先行き判断DI
  平成25年6月 平成25年9月 前回調査比
茨城県

52.9

51.2

△1.7

県北地域

54.4

50.0

△4.4

県央地域

53.9

50.8

△3.1

鹿行地域

51.3

51.3

0.0

県南地域

53.2

50.5

△2.7

県西地域

51.7

53.2

+1.5

 

目次に戻る

 2.全県の動向

2.1.景気の現状判断

2.1.1.景気の現状判断DI(全県)

景気の現状判断DIは50.4となった。平成25年6月の調査(以下,「前回調査」という。)より0.7ポイント上昇し,横ばいを表す50を24期ぶりに上回った。

景気の現状判断DI(全県)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

42.3

38.2

48.9

49.7

50.4

家計動向関連

40.7

38.4

49.4

51.0

48.2

企業動向関連

43.4

38.1

48.6

48.1

52.0

雇用関連

52.6

36.1

46.1

45.0

61.8

2.1.2.回答構成比(全県)

回答構成比(全県)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

0.7%

16.9%

43.7%

28.5%

10.2%

平成24年12月

0.4%

10.8%

42.2%

34.3%

12.3%

平成25年3月

1.5%

24.3%

48.9%

19.0%

6.3%

平成25年6月

0.3%

26.6%

49.7%

18.2%

5.2%

平成25年9月

1.4%

21.3%

59.6%

12.6%

5.1%

2.1.3.主な判断コメント

  • ギフトなども単価の安い物から少し高くても良い物へシフトしていると思う。(スーパー)
  • 営業回数,特に配車回数が増えて来ている。(タクシー運転手)
  • 電気料金の値上げ報道もあり省エネ家電は好調に推移している。又,消耗品等は好調に推移している。但し,大きな伸びではない。(家電販売店)
  • 大手自動車メーカーからの受注量は,対前年比20%強伸びており,フル操業の状態にある。一方では,電気・ガス等の燃料代の値上げ,他コスト上昇要因も見られ,収益面を圧迫してきているが,全体的には良くなってきている。(製造業(非鉄金属))
  • 復興需要や民間の消費税引き上げ前の宅地造成等,受注も増えている。(製造業(窯業・土石製品))
  • 自動車関連の求人が増えている。(求人開拓員)
  • 学生に対する求人企業が増えてきたので,企業の景気はやや良くなっていると判断する。(学校関係者)

景気の現状判断DIの推移
景気の現状判断DIの推移グラフ

 

2.2.景気の先行き判断

2.2.1.景気の先行き判断DI(全県)

3か月先の景気の先行き判断DIは51.2となった。前回調査より1.7ポイント低下したものの,横ばいを表す50を3期連続で上回った。

景気の先行き判断DI(全県)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

45.5

40.7

54.9

52.9

51.2

家計動向関連

43.7

40.3

54.5

53.7

50.1

企業動向関連

48.0

42.2

56.6

53.1

50.9

雇用関連

51.3

37.5

50.0

45.0

61.8

2.2.2.回答構成比(全県)

回答構成比(全県)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

1.4%

15.1%

55.3%

20.4%

7.7%

平成24年12月

0.4%

9.0%

54.2%

26.0%

10.5%

平成25年3月

3.0%

35.8%

41.8%

16.4%

3.0%

平成25年6月

1.4%

28.3%

53.1%

14.7%

2.4%

平成25年9月

1.8%

28.9%

46.6%

17.7%

5.1%

2.2.3.主な判断コメント

  • 消費税アップを来年に控えて需要は増えると思われる。(自動車販売店)
  • 消費税の引き上げがどのように消費者に影響を与えるか心配。(ドライブイン)
  • オリンピック東京開催決定による建設関連の景気回復,消費拡大が期待できる。(コンビニエンスストア)
  • 日帰り宴会予約は前年同期と変わらないが,宿泊予約は前年より増加しており,平日も満室が多くなっている。(観光型ホテル)
  • 住宅の場合,10月以降の契約だと,引渡しが4月以降なら増税後の消費税が課税されてしまうため,増税前の駆け込みはもはや間に合わない。(住宅販売会社)
  • 海外メディアも大きく取り上げている福島原発汚染水の問題が,大きく影響している。(製造業(食料品))
  • どこの荷主さんに聞いても一服感が強い状況にある。先行きの進展性を感じる要因が見つからない。報道と実経済の開きが大きくなっている気がする。(運輸業(道路貨物運送業))

景気の先行き判断DIの推移
景気の先行き判断DIの推移グラフ

 

目次に戻る

 3.地域別の動向

 3.1.景気の現状判断

3.1.1.県北地域

3.1.1.1.景気の現状判断DI(県北地域)

景気の現状判断DIは47.7となった。前回調査より5.6ポイント上昇したものの,横ばいを表す50を8期連続で下回った。

景気の現状判断DI(県北地域)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

38.6

33.9

44.5

42.1

47.7

家計動向関連

33.8

32.4

45.7

43.4

42.4

企業動向関連

44.7

35.5

43.1

42.1

55.3

雇用関連

58.3

41.7

41.7

31.3

58.3

3.1.1.2.回答構成比(県北地域)
回答構成比(県北地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

0.0%

13.6%

40.7%

32.2%

13.6%

平成24年12月

0.0%

12.5%

32.1%

33.9%

21.4%

平成25年3月

4.0%

18.0%

42.0%

24.0%

12.0%

平成25年6月

0.0%

15.8%

50.9%

19.3%

14.0%

平成25年9月

1.8%

18.2%

58.2%

12.7%

9.1%

3.1.1.3.主な判断コメント(県北地域)
  • 見積依頼が増えたり,契約物件が増えて来ている。(商店街代表者)
  • 夏場の猛暑であまり動きがなかった事もあるが…山採りきのこの季節を迎えても,風評被害等があり,あまりお客様に動きがない。(ドライブイン)
  • 少しずつ受注が増え,景気が良くなったとはまだ言えないが,3か月前よりも安定してきている。(製造業(電気機械器具))

3.1.2.県央地域

3.1.2.1.景気の現状判断DI(県央地域)

景気の現状判断DIは52.9となった。前回調査より2.5ポイント上昇し,横ばいを表す50を3期連続で上回った。

景気の現状判断DI(県央地域)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

47.2

38.9

50.5

50.4

52.9

家計動向関連

48.6

40.4

52.2

51.4

51.9

企業動向関連

43.3

35.3

47.1

48.5

51.5

雇用関連

50.0

41.7

50.0

50.0

68.8

3.1.2.2.回答構成比(県央地域)
回答構成比(県央地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

1.9%

15.1%

54.7%

26.4%

1.9%

平成24年12月

0.0%

11.1%

42.6%

37.0%

9.3%

平成25年3月

0.0%

33.3%

42.6%

16.7%

7.4%

平成25年6月

0.0%

31.0%

41.4%

25.9%

1.7%

平成25年9月

1.7%

23.3%

61.7%

11.7%

1.7%

3.1.2.3.主な判断コメント(県央地域)
  • 一部の方に高くても良いものをお買い求め頂ける傾向が見られている。(百貨店,総合スーパー)
  • 海水浴場や観光施設への人出が増加しているように思う。(観光型ホテル)
  • 前年のエコカー補助金の廃止により市場の落ち込みは,前年比2割ほどあり全体に販売台数は減になっている。お客様もスモールカーを選ぶ人が多くなり1台あたりの売上も減っている。(自動車販売店)
  • 仕事量も増え,単価も確実に上昇してきている。客先も業者を確保するために焦っている様子が伺える。(製造業(金属製品))

3.1.3.鹿行地域

3.1.3.1.景気の現状判断DI(鹿行地域)

景気の現状判断DIは46.9となった。前回調査より5.3ポイント低下し,横ばいを表す50を2期ぶりに下回った。

景気の現状判断DI(鹿行地域)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

42.8

39.7

47.3

52.2

46.9

家計動向関連

42.8

36.5

45.8

53.4

45.9

企業動向関連

39.1

51.8

48.3

46.9

46.4

雇用関連

55.0

30.0

55.0

60.0

55.0

3.1.3.2.回答構成比(鹿行地域)
回答構成比(鹿行地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

0.0%

22.0%

40.7%

23.7%

13.6%

平成24年12月

0.0%

12.5%

41.1%

39.3%

7.1%

平成25年3月

0.0%

17.9%

57.1%

21.4%

3.6%

平成25年6月

0.0%

31.0%

48.3%

19.0%

1.7%

平成25年9月

0.0%

10.7%

71.4%

12.5%

5.4%

3.1.3.3.主な判断コメント(鹿行地域)

猛暑の影響もあり,大きな売り上げの状況はない。(ドライブイン)

  • 8月お盆休み以降,貨物の動きが悪くなっている。それに関係してトラックの動きも落ちて来ている。生産は8月初めまでで一段落着いている状況である。(運輸業(道路貨物運送業))
  • 各社の動向は変わらないと記入しましたが,少しは良い方向の変わらないと理解して頂きたい。鉄鋼,化学各社共に従来よりも増産基調にある。(人材派遣業)

3.1.4.県南地域

3.1.4.1.景気の現状判断DI(県南地域)

景気の現状判断DIは53.9となった。前回調査より3.4ポイント上昇し,横ばいを表す50を3期連続で上回った。

景気の現状判断DI(県南地域)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

47.3

41.0

56.1

50.5

53.9

家計動向関連

43.2

44.5

57.3

52.2

53.3

企業動向関連

51.4

37.5

58.3

48.6

52.8

雇用関連

62.5

25.0

37.5

41.7

66.7

3.1.4.2.回答構成比(県南地域)
回答構成比(県南地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

0.0%

25.5%

43.6%

25.5%

5.5%

平成24年12月

0.0%

7.5%

56.6%

28.3%

7.5%

平成25年3月

3.8%

32.1%

49.1%

15.1%

0.0%

平成25年6月

0.0%

23.6%

58.2%

14.5%

3.6%

平成25年9月

3.9%

27.5%

52.9%

11.8%

3.9%

3.1.4.3.主な判断コメント(県南地域)
  • 暑い日が続き,食品であれば冷たいものの売上が伸びた。(和食食堂)
  • 売上げが3か月前より2割増であった。(建設業(設備工事業))
  • 非正規ではあるが物流の関係の求人が増え始めた。物流関係が忙しくなって来ているということはモノが動くようになって来ているのか?物流関係の求人を出していた担当者は景気回復の兆しとのこと。(求人開拓員)

3.1.5.県西地域

3.1.5.1.景気の現状判断DI(県西地域)

景気の現状判断DIは50.5となった。前回調査より2.5ポイント低下したものの,横ばいを表す50を2期連続で上回った。

景気の現状判断DI(県西地域)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

36.6

37.5

45.9

53.0

50.5

家計動向関連

35.7

38.9

46.1

54.4

47.7

企業動向関連

38.2

33.3

46.1

53.8

52.6

雇用関連

37.5

43.8

43.8

37.5

62.5

3.1.5.2.回答構成比(県西地域)
回答構成比(県西地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

1.7%

8.6%

39.7%

34.5%

15.5%

平成24年12月

1.7%

10.3%

39.7%

32.8%

15.5%

平成25年3月

0.0%

20.0%

52.7%

18.2%

9.1%

平成25年6月

1.7%

31.0%

50.0%

12.1%

5.2%

平成25年9月

0.0%

27.3%

52.7%

14.5%

5.5%

3.1.5.3.主な判断コメント(県西地域)
  • 物価が上昇しているが一部を除いて賃金が下がっている。したがって財布の紐が固い。(日本料理店)
  • 賃貸物件に希望単価がアップしている。高額物件の入居率がアップ。(不動産業)
  • 原料高や資材高のため値上げを行っているので売上げが落ちている。世間では一部の業種で良いという話はありますが実感的にはそのようには感じない。(製造業(食料品))

地域別現状判断DIの推移
地域別現状判断DIの推移グラフ

 

目次に戻る

3.2.景気の先行き判断

3.2.1.県北地域

3.2.1.1.景気の先行き判断DI(県北地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは50.0となった。前回調査より4.4ポイント低下し,横ばいを表す50を2期連続で上回った後,横ばいとなった。

景気の先行き判断DI(県北地域)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

46.6

38.8

52.0

54.4

50.0

家計動向関連

47.3

39.0

51.7

55.1

46.2

企業動向関連

43.4

40.8

52.8

59.2

55.3

雇用関連

58.3

25.0

50.0

25.0

58.3

3.2.1.2.回答構成比(県北地域)
回答構成比(県北地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

5.1%

11.9%

55.9%

18.6%

8.5%

平成24年12月

0.0%

7.1%

57.1%

19.6%

16.1%

平成25年3月

4.0%

34.0%

32.0%

26.0%

4.0%

平成25年6月

0.0%

36.8%

49.1%

8.8%

5.3%

平成25年9月

1.8%

27.3%

49.1%

12.7%

9.1%

3.2.1.3.主な判断コメント(県北地域)
  • 消費税の増税に向かう中で,増税までは商品動向は良くなると思う。(コンビニエンスストア)
  • 原材料の高騰の影響により,利益率は減少傾向にあり,3か月先もこの傾向は続くと思われる。(製造業(電気機械器具))
  • 建設業を中心に,求人の問い合わせも多くなってきている。(学校関係者)

3.2.2.県央地域

3.2.2.1.景気の先行き判断DI(県央地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは50.8となった。前回調査より3.1ポイント低下したものの,横ばいを表す50を3期連続で上回った。

景気の先行き判断DI(県央地域)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

47.2

41.2

58.8

53.9

50.8

家計動向関連

45.7

40.4

58.1

54.7

51.9

企業動向関連

51.7

45.6

63.2

51.5

47.1

雇用関連

41.7

25.0

41.7

56.3

56.3

3.2.2.2.回答構成比(県央地域)
回答構成比(県央地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

1.9%

20.8%

47.2%

24.5%

5.7%

平成24年12月

0.0%

11.1%

48.1%

35.2%

5.6%

平成25年3月

5.6%

42.6%

33.3%

18.5%

0.0%

平成25年6月

3.4%

27.6%

51.7%

15.5%

1.7%

平成25年9月

1.7%

23.3%

56.7%

13.3%

5.0%

3.2.2.3.主な判断コメント(県央地域)
  • 県外からの来店がわずかずつ回復傾向にあったが,原発汚染水の報道があった為,県外客の伸びに期待がもてない。(農産物直売所)
  • 付加価値が付いた仕事が増えており,経常利益率は良い数字が出ている。(製造業(印刷・同関連業))
  • 幅広い業種において円安傾向,原油価格高騰,電気料金の値上げ,消費税の動向等が大きく影響していることが明らかになり,先行き不安要素が見られる。(公共職業安定所)

3.2.3.鹿行地域

3.2.3.1.景気の先行き判断DI(鹿行地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは51.3となった。前回調査からの増減はなく,横ばいを表す50を3期連続で上回った。

景気の先行き判断DI(鹿行地域)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

47.5

39.7

52.2

51.3

51.3

家計動向関連

45.4

37.8

50.7

53.4

48.6

企業動向関連

50.0

42.9

53.3

46.9

55.4

雇用関連

55.0

45.0

60.0

50.0

60.0

3.2.3.2.回答構成比(鹿行地域)
回答構成比(鹿行地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

0.0%

13.6%

71.2%

6.8%

8.5%

平成24年12月

0.0%

5.4%

57.1%

28.6%

8.9%

平成25年3月

0.0%

30.4%

53.6%

10.7%

5.4%

平成25年6月

0.0%

24.1%

58.6%

15.5%

1.7%

平成25年9月

0.0%

32.1%

44.6%

19.6%

3.6%

3.2.3.3.主な判断コメント(鹿行地域)
  • 消費税増税によって年末の売上は大きく伸びると予想される。(家電販売店)
  • 増税が正式に決定することで,次の増税も考えた中での住宅計画者の動きに期待できる。(住宅販売会社)
  • 国内需要が増加傾向であり,高水準の生産が見込まれる。(製造業(鉄鋼業))
  • 企業見学会等,積極的に実施しており,企業としても業績が上向いているのではないか。(学校関係者)

3.2.4.県南地域

3.2.4.1.景気の先行き判断DI(県南地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは50.5となった。前回調査より2.7ポイント低下したものの,横ばいを表す50を3期連続で上回った。

景気の先行き判断DI(県南地域)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

49.1

43.9

59.0

53.2

50.5

家計動向関連

44.7

44.5

60.5

52.2

51.7

企業動向関連

54.2

44.4

58.3

56.9

47.2

雇用関連

62.5

33.3

50.0

41.7

58.3

3.2.4.2.回答構成比(県南地域)
回答構成比(県南地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

0.0%

21.8%

56.4%

18.2%

3.6%

平成24年12月

0.0%

7.5%

67.9%

17.0%

7.5%

平成25年3月

3.8%

43.4%

39.6%

11.3%

1.9%

平成25年6月

1.8%

25.5%

56.4%

16.4%

0.0%

平成25年9月

2.0%

33.3%

33.3%

27.5%

3.9%

3.2.4.3.主な判断コメント(県南地域)
  • 消費税アップが決定すればさらに悪くなると思う。この業界が一番影響を受ける。(タクシー運転手)
  • 依然として低価格品への支持が高いので,今後の社会情勢からくる物価上昇により購買意欲が低下すると考える。(スーパー)
  • 予約状況が先行して(2~3か月先)増えている。(ゴルフ場)

3.2.5.県西地域

3.2.5.1.景気の先行き判断DI(県西地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは53.2となった。前回調査より1.5ポイント上昇し,横ばいを表す50を3期連続で上回った。

景気の先行き判断DI(県西地域)
分野 平成24年
9月
平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
合計

37.5

40.1

52.3

51.7

53.2

家計動向関連

35.0

40.3

51.6

52.9

52.3

企業動向関連

42.1

37.5

55.3

50.0

50.0

雇用関連

37.5

50.0

43.8

50.0

75.0

3.2.5.2.回答構成比(県西地域)
回答構成比(県西地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年9月

0.0%

8.6%

44.8%

34.5%

12.1%

平成24年12月

1.7%

13.8%

41.4%

29.3%

13.8%

平成25年3月

1.8%

29.1%

49.1%

16.4%

3.6%

平成25年6月

1.7%

27.6%

50.0%

17.2%

3.4%

平成25年9月

3.6%

29.1%

47.3%

16.4%

3.6%

3.2.5.3.主な判断コメント(県西地域)
  • 景気が上向きになっていると思う。(タクシー運転手)
  • 消費税の増税の行方を確認する時期でもあり,増税の詳細が分かるまで一旦消費が停滞することが予想される。(コンビニエンスストア)
  • 円安により自動車関連の受注が増えているが,他の企業求人はあまり変化ない。(求人開拓員)

地域別先行き判断DIの推移
地域別先行き判断DIの推移グラフ

 

目次に戻る

 4.調査結果報告書

茨城県景気ウォッチャー調査(平成25年9月調査分)(PDF:691KB)

 

目次に戻る

 5.統計表

 

 

目次に戻る

 

ページの先頭に戻る

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部統計課企画分析

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2642

FAX番号:029-301-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?