ホーム > 茨城を知る > 県のご案内 > 知事のページ > 知事記者会見録 > 2021年分 > 令和3年度6月補正予算案の追加提案に係る知事記者会見における発言要旨210604

ここから本文です。

更新日:2021年6月4日

 

 令和3年度6月補正予算案の追加提案に係る知事記者会見における知事発言要旨210604

知事記者会見の動画は,こちらから視聴いただくことができます。 

いばキラ(外部サイトへリンク)

 

※配布資料(PDF:224KB)

 

(作成:報道・広聴課)
令和3年6月4日(金
曜日)
11時17分~11時26分 会見室

 知事からの発表内容

 本日は、6月の補正予算案の追加提案を行いますので、それについて発表したいと思います。

 基本的な考え方でございますが、国の交付金の追加配分を受けまして、ワクチンの大規模接種会場の設置など新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止、それから、営業時間短縮要請などに応じた事業者などへの支援を含めて早急な対応が求められる課題について、必要な補正予算を計上するものでございます。

 一般会計の補正予算額は371億7,500万円ということで、感染拡大防止と医療提供体制の整備に336億円余り、県内産業への支援ということで35億円余りということで追加提案をいたします。

 主な事業でございますが、1つ目が、感染症予防医療法施行事業ということで、1日でも早いコロナウイルス感染症の収束を目指すために、県による大規模接種会場の設置や個別接種を実施する医療機関などを応援するものでございます。

 大規模接種会場については97億800万円ということですが、県庁をはじめ、県内に数か所設置予定でございます。

 また、個別接種の促進ということで、診療所に対して支援を行うということでも29億円余り、支援事業を設けております。

 また、看護学生に対する実習前のPCR検査が求められているわけですが、これについて、医師会加盟でない看護師養成所に対して、県が独自で支援を行うということでございます。

 次が、新型コロナウイルス感染症の営業時間短縮要請協力金でございます。県の営業時間短縮要請に応じていただいた対象施設の事業者に対して、協力金を配布するということでございます。これは、制度としては、今までと変わりはないということでございます。

 また、これに加えまして、営業時間短縮要請及び外出自粛要請の影響を受けて、売り上げが大きく減少した事業者、周辺の事業者が、県の一時金として、前回の1月からの緊急事態宣言の後に3月に実施した一時金と同様な形で実施したいと思っております。

 県内に本店又は主たる事業所がある中小企業、あるいは個人事業者で、いずれかの条件に当てはまるということで、営業時間短縮に協力した事業者と直接取引がある事業者、あるいは、外出自粛要請によって直接的な影響を受けた、あるいは、主に対面で個人向けに商品・サービスを提供する事業者などで、4月から6月のいずれかの月の売り上げが、対前年、あるいは対前々年の同月比で30%以上減少しているということでございます。

 前回の3月の一時金の場合は、50%以上減少していることという要件をつけておりましたが、今回は30%ということで、要件を若干緩和しております。1事業者当たり支援金は20万円ということで、これは前回と変わりません。

 次に、宿泊事業者向けの支援でございます。宿泊事業者が行う感染防止対策の強化に要する費用に対して、環境整備のための支援ということでございます。サーモグラフィーなどの感染防止対策のための物品の購入、あるいは、ワーケーションスペースの設置など前向きな投資に対する経費、そういうものについて、補助率2分の1ということでご支援をするという事業でございます。

 事業の中身は、以上でございます。

▲ページの先頭へ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室報道・広聴課報道

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2118

FAX番号:029-301-6330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?