ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

計量士になるには

計量士〈環境計量士(濃度関係、騒音・振動関係)、一般計量士〉になるには、計量法で定められた次の条件で、経済産業大臣の登録を受けなければなりません。

1.環境計量士(濃度関係、騒音・振動関係)

  1. 計量士国家試験に合格し、計量研修センターが行う環境計量講習(濃度関係、騒音・振動関係)を修了した者、または環境計量に関する実務に1年以上従事したもの。
  2. 計量教習所の課程(一般計量教習)を修了し、計量教習所が行う環境計量特別教習(濃度関係、騒音・振動関係)を修了して、環境計量に関する実務に2年以上従事した者であって、計量行政審議会が認定した者。

2.一般計量士

  1. 計量士国家試験に合格し、計量に関する実務に1年以上従事した者。
  2. 計量研修センターの課程(一般計量教習及び一般計量特別教習)を修了し、計量に関する実務に5年以上従事した者であって、計量行政審議会が認定した者。

なお、国家試験の受験資格は、特にありませんが、試験内容は大卒程度となっており、試験日は年1回3月頃(3カ月前までに官報掲載)行われます。登録申請は、県計量検定所(水戸市三の丸3-14-3話番号029-221-2763)へ提出(正副2通)することになっています。

くわしくは、県計量検定所(水戸市三の丸3-14-3話029-221-2763)へ。

このページに関するお問い合わせ

産業戦略部計量検定所指導課

茨城県水戸市三の丸3丁目14番3号

電話番号:029-221-2763

FAX番号:029-221-2764

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?