ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

中期計画等

茨城県病院事業中期計画

〔計画策定の背景及び経緯〕

県立病院は、抜本的な病院改革に取り組むため、平成18年4月から地方公営企業法の全部を適用し、病院事業管理者のもとで、診療体制の充実と経営改善を目指してまいりました。第1期病院改革期間(平成18年度~平成21年度)では、救急医療など政策医療の推進や収益面の改善など一定の成果がみられましたが、診療体制の充実・経営内容の改善等多くの課題が残ったことから、第2期病院改革期間(平成22年度~平成25年度)では「茨城県立病院改革プラン」において、目指すべき診療体制や経営指標など具体的な目標を定め、患者サービスの向上や良質な医療サービスの提供とともに経営基盤の確立に努めてまいりました。

そうした結果、診療体制の充実とともに経営改善についても平成24年度決算において改革開始後初めて資金収支及び収益的収支が3病院揃って黒字となり、また、繰入金が改革前の平成17年度と比較して5億3千万円縮減され、さらに医業収支で27億円余の改善がなされるなど相当の成果がみられております。一方で、不足診療科の充足をはじめとした診療体制の充実や安定した経営のためのさらなる徹底した経営改善が必要であることなどの課題も残っています。

こうした状況のなか、茨城県病院局では、これまでの経緯と実績、課題も踏まえて、平成26年度からの4年間を第3期改革期間と位置づけ、計画的な病院運営を図るための方向性を「茨城県病院事業中期計画」として平成26年3月にとりまとめ、これを指針として取組みを進めることとしました。

平成27年3月には計画を一部改定し、病院機能強化の取組みの項目の一つに「医療安全の徹底」を追加しました。

茨城県病院事業中期計画(平成27年3月改定)

 

策定当初の計画については、茨城県病院事業中期計画(PDF:1,067KB)をご覧ください。

 


茨城県立病院改革プラン(平成22年7月)

成22年度からの第2期病院改革の指針となる改革プランを策定しました。

本文(PDF:600KB)

概要版(PDF:30KB)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

病院局経営管理課庶務

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-6516

FAX番号:029-301-6519

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?