ここから本文です。

更新日:2019年12月12日

決算の状況

平成30年度県立病院事業決算の状況については,以下のとおりです。

1.平成30年度決算の概況

  • 収益的収支については,前年度比1億85百万円改善し,3病院合計で1億4千万円の黒字を計上。

(1)中央病院

 

  • 38百万円の純利益を計上し,2年連続黒字(前年度比+34百万円)。収支が改善した主な要因は,化学療法実施件数の増等により医業収益が増加したことなどである。 

 

 

(2)こころの医療センター

  

  • △55百万円の純損失を計上し,赤字幅は縮小(前年度比+2億75百万円)した。収支が改善した主な要因は,病床コントロールによる入院患者数の増等により医業収益が増加したことなどである。

 

 

(3)こども病院

 

  • 1億57百万円の純利益を計上し,2年連続黒字(前年度比△1億24百万円)。黒字幅が縮小しているが,平成29年度決算は,消費税の取扱決定による特別利益(2億69万円)を計上しているため,実質的には1億45百万円改善した。実質的に改善した主な要因は,DPC制度を導入し,効率的な入院料の算定ができるようにしたことにより医業収益が増加したことなどである。 

 

2.一般会計繰入金の概況

  • 一般会計繰入金は52億25百万円。

3.経営比較分析表

 

詳しくはこちら(平成30年度決算について)(PDF:124KB)をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

病院局経営管理課庶務

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-6516

FAX番号:029-301-6519

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?