ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 港湾・空港 > 鹿島港|いばらきのみなと 茨城県港湾振興協会連合会

ここから本文です。

更新日:2020年3月18日

鹿島港

鹿島臨海工業地帯の海上輸送や首都圏の東の玄関口として物流機能を担う世界有数の堀込港湾

 鹿島臨海工業地帯には,石油化学や鉄鋼,飼料,木材など約170企業が立地し,バルク貨物の輸入や製品の輸出基地として発展しています。また,国から「国際バルク戦略港湾(穀物)」に選定されており,穀物等の大量一括輸送による安定的かつ安価な輸送の実現を目指しています。

 

バラ貨物鹿島港

石油コンビナート鹿島

バラ貨物の荷役風景

鹿島臨海工業地帯(石油コンビナート)

より利用しやすい港を目指し,整備が進む公共埠頭

 鹿島港では,「南公共埠頭」,「北公共埠頭」,「外港公共埠頭」の3つの公共埠頭に15の岸壁が供用されています。
 北公共埠頭は,平成14年に水深10mに1バース目が完成し,岸壁背後の埠頭用地と合わせて供用開始され,平成18年には,水深10mの3バース目とガントリークレーンが供用開始されました。現在,定期航路は,内貿2航路,外貿1航路(令和2年3月現在)が運航され,コンテナターミナルとしての機能も高まっています。
 外港公共埠頭は,平成25年4月に供用開始され,利便性や安全性向上に向けて,防波堤の延伸とともに,航路・泊地の浚渫が進められており,これまで以上に利用しやすい港へと整備されています。

 

コンテナ貨物風景鹿島

鹿島港全体2020

コンテナ貨物の荷役風景

鹿島港全体の様子


 

 

 

このページに関するお問い合わせ

土木部港湾課港湾振興

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4536

FAX番号:029-301-4538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?