ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

茶の出荷制限解除に向けた検査結果について

公開日 2013年5月24日

北茨城市、笠間市、土浦市において、5月17日及び20日に加工した一番茶(飲用茶)の放射性物質検査を実施したところ、別紙のとおり、すべて基準値(10Bq/kg)以下となりましたので、お知らせいたします。
この結果を踏まえ、当該3市に対する出荷制限指示の解除に向けて、国との協議を行ってまいります。

茶の出荷制限解除に向けた検査結果について
市町村
(検査日)
放射能濃度(Bq/kg)

採取日 H25.5月17日, 5月20日

北茨城市
(5月21日)
Ge 2.3
0.837
1.51
Ge 3.0
0.858
2.14
Ge 2.2
0.730
1.48
笠間市
(5月22日)
Ge 2.1
0.807
1.32
Ge 2.5
0.720
1.81
Ge 1.0
検出せず(<0.45)
1.01
土浦市
(5月22日)
Ge 0.85
検出せず(<0.46)
0.846
Ge 1.2
0.471
0.699
Ge 1.3
検出せず(<0.59)
1.28

注)検査結果の合計値は有効数字2桁で記載(厚生労働省通知)
[検査機器の種類]
Ge:ゲルマニウム半導体検出器
<基準値>
茶(飲用茶)放射性セシウム(Cs-134,137) 10 (Bq/kg
【解除のための条件】
1市町村について、3か所以上の検査結果が全て基準値(飲用茶:10Bq/kg)以下であること。
【結果】
北茨城市、笠間市、土浦市ともに全ての調査地点で基準値を下回り、解除条件を満たしています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部産地振興課管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3916

FAX番号:029-301-3939

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?