ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > 産業・労働 > 農林・水産 > 自給飼料の増産をはかるには

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

自給飼料の増産をはかるには

自給飼料を増産するには、未利用地・低利用地の有効活用と既存農地の整備、転作飼料作物の効率的な利用を進めるなどの方法があります。
飼料基盤の造成や整備、関連機械の導入については各種の助成事業や融資制度があります。

くわしくは、県北農林事務所県央農林事務所鹿行農林事務所県南農林事務所県西農林事務所へ。

  • 県北農林事務所振興・環境室農業振興課(常陸太田市山下町4119陸太田合同庁舎3階)
  • 県央農林事務所振興・環境室農業振興課(水戸市柵町1-3-1戸合同庁舎3階)
  • 鹿行農林事務所振興・環境室農業振興課(鉾田市鉾田1367-3田合同庁舎2階)
  • 県南農林事務所振興・環境室農業振興課(土浦市真鍋5-17-26浦合同庁舎3階)
  • 県西農林事務所振興・環境室農業振興課(筑西市二木成615西合同庁舎5階)

このページに関するお問い合わせ

農林水産部畜産課生産振興

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3993

FAX番号:029-301-3999

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?