ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

集落営農とは

集落営農とは、「集落など地縁的にまとまりのある一定の地域の農家が、農業生産を共同して行う営農活動」をいいます。農業従事者の兼業化や高齢化の進展により担い手が不足し、遊休農地が増加している中、集落全体で話し合い、協力して集落営農組織をつくり地域農業を維持・発展させることが重要となっています。
担い手への農地の集積や機械・施設の共同利用により労働時間の短縮や生産コストの低減が期待できるため、小規模な耕地に多額の投資が行われがちな兼業農家等の個別経営の改善に大きな効果が期待できます。

詳しくは、茨城県担い手育成総合支援協議会(事務局、茨城県農業会議(外部サイトへリンク))、JA茨城県中央会県域営農支援センター、市町村農政担当課、県農業経営課県北農林事務所県央農林事務所鹿行農林事務所県南農林事務所県西農林事務所へ。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業経営課担い手・参入支援室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3846

FAX番号:029-301-3849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?