ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 森林・林業 > 令和4年度森林・林業体験学習(現地体験型)について

ここから本文です。

更新日:2022年8月16日

令和4年度森林・林業体験学習(現地体験型)について

県内の小中学生等を対象に、自然観察施設等を利用して、森林内での自然観察や体験学習を通じ、森林の持つ様々な働きについて理解を深める森林・林業体験学習を実施しています。(今年度の受付は終了しました。なお、キャンセル発生等により実施予定回数を下回った際には、再度募集を行うことがあります。また、このほかに学校等にて管轄林業指導所の林業普及指導員が森林・林業に関する講義や木工工作、森林作業といった体験学習を行う森林・林業体験学習事業(校内体験型)を実施しており、こちらは現在も別途参加者を募集しています。https://www.pref.ibaraki.jp/nourinsuisan/rinsei/shido/shido/14/20150130/index.html

参加対象

1.学校参加型:県内の小学校高学年(4年生以上)、中学生
2.団体参加型:県内在住者を含む団体(自治会、子ども会など地域の団体)
R4【現地体験型】募集チラシ(PDF:383KB)

実施期間

令和4年5月下旬から令和5年2月まで
※ただし、年末年始、施設休園日を除く

実施場所

  • 茨城県奥久慈憩いの森(大子町)
  • 茨城県民の森(那珂市)
  • 茨城県水郷県民の森(潮来市)
  • ミュージアムパーク茨城県自然博物館(坂東市)
  • その他

実施内容

自然観察施設等において、専門家の指導により森林・林業体験学習を行います。

森林の働きの講義、森の自然観察、丸太切り体験、ネイチャーゲーム、測量体験、間伐、下刈り体験、木工工作等

[現地での滞在時間に応じて、実施内容が異なります。2時間~5時間程度]

参加費用

無料(バス借上げ料、簡易旅行保険料は、県が負担します)
※飲食代などの費用は参加者負担となります。
※ミュージアムパーク茨城県自然博物館は、原則として入館料が必要となります。

参加定員

1グループ当たりおおむね20人から80人程度
(上記以上の場合、2日もしくは2会場に分けて実施、その他応相談)

申込方法

参加申込書に必要事項を記入の上、FAX又は郵送で応募してください。
※受付は先着順とし、実施予定回数に達した時点で締め切ります。

※ミュージアムパーク茨城自然博物館での実施を希望される場合、同博物館ホームページにて、「団体利用申込書」を完了してから、「参加申込書」により林政課あてに応募をお願いします。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館ホームページ 〔 https://www.nat.museum.ibk.ed.jp/(外部サイトへリンク) 〕
R4【現地体験型】参加者募集要項(PDF:381KB)

参加申込書(PDF:103KB)
(ワード:39KB)

運営

 公益社団法人 茨城県森林・林業協会
〒〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-3-2
電話029-303-2828 FAX029-233-2333

申込先

茨城県農林水産部林政課森づくり推進室
〒310-8555水戸市笠原町978番6
電話029-301-4021FAX029-301-4039

 

 

 
 
 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林政課森づくり推進室

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4021

FAX番号:029-301-4039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?