ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 自然・生物関連 > 自然 > 自然 > コース05自然林を歩くみち踏破者感想

ここから本文です。

更新日:2018年3月2日

コース05自然林を歩くみち踏破者感想

自然林を歩くみち

歩いた日平成13年5月19日

撮影ポイント[楞巌寺の山門]

このコースは、「3、観音様を訪ねるみち」から引き続き歩いた。
南飯田近くの神社で朝食を済ませ出発。コースを間違っているとは知らず、南飯田小まで歩いて初めて気づく。引き返す時間も無いのでそのまま池亀へ向かう。
池亀の先から奈良駄峠を登る。暑いうえ、かなりきつい。顔面蒼白になってしまったので、休憩をしながら歩く。
かなりかかって稜線に出る。ベンチで休憩して昼食。デジカメは不調だが何とか写真は撮れる。さらに歩いて仏頂山頂に到着。ここからは登ってきた以上にきつい下り。途中、山菜取りの人たちとすれ違う。山を下ると楞巌寺。撮影ポイントの山門で写真を撮って終点の片庭へ。コースはここで終了だが、笠間駅までのバスが無い。天気が急変して雨が降りそうなので早足で歩く。箱田のセブンイレブンに寄り、国道50号まで来たら遂に雨が。慌てて「どさん子」へ駆込みラーメンをすすりながら上がるのを待ったが止みそうもないので、合羽を着て出発した。雨は笠間市街に入ると止んだ。さらに歩くと笠間稲荷の交差点に着いたので、駅までは「4、焼物とお稲荷さんのみち」として歩き、笠間駅に到着。水戸線で岩瀬駅まで移動し、岩瀬町役場に置いた車で帰宅した。

コース行程(所要時間:6時間)

南飯田[9時00分]~池亀[10時35分]~奈良駄峠[11時45分(昼食12時20分出)]~仏頂山[13時40分]~楞巌寺[14時30分]~片庭[15時00分]~箱田[15時35分]~笠間稲荷入口[16時50分]~笠間駅[17時20分]

その他のコース風景

 

奈良駄峠・昼食

 

 

仏頂山・山頂休憩所

 

 

片庭・コース終点

 

奈良駄峠・昼食

仏頂山・山頂休憩所

片庭・コース終点

 

コースの感想

仏頂山への道はきつく、パンフレットに書いてあった「健脚向き」が身にしみました。最後に雨に降られてしまいましたが、ほとんど濡れず、ラッキーでした。[高橋裕介]
仏頂山へののぼり道はとてもつらく、まわりの景色や自然を堪能する余裕がありませんでした。[高橋洋子]

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課自然・鳥獣保護管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?