ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 自然・生物関連 > 自然 > 自然 > (5)自然林をあるくみち

ここから本文です。

更新日:2019年5月13日

(5)自然林をあるくみち

コースの概要

写真5

このコースは笠間市郊の片庭から仏頂山に登り、県境の尾根を歩くコースです。コースの見所のひとつでもある楞厳寺は、ヒメハルゼミの貴重な生息地としても有名です。(ヒメハルゼミは日本で最小のセミで国の天然記念物になっています。)

また、仏頂山の山頂付近に取り残されているように建っている楞厳寺の山門はかやぶき、切妻造りの四脚門は室町時代中期の建築で、国の重要文化財です。

コースは丸太組みの階段道が多く、急勾配の階段もあるため、歩き応えのある道です。無理をせずに自分のペースで歩きましょう。

 

 

コース名 (5)自然林をあるくみち 関係市町村

笠間市、桜川市

歩行距離 9.8キロメートル コース概略
歩行時間 約3時間 片庭~楞巌寺~仏頂山~奈良駄峠
~池亀~南飯田
コース難易度  ★★★

 

すべてのコース     次のコース

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課自然・鳥獣保護管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?