ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 自然・生物関連 > 自然 > 自然 > コース17水の恵みを知るみち踏破者感想

ここから本文です。

更新日:2018年3月2日

コース17水の恵みを知るみち踏破者感想

水の恵みを知るみち

歩いた日平成13年5月5日

撮影ポイント[浮島園地案内板]


このコースは「16、予科練ゆかりのみち」から引き続き歩く。島津からは霞ヶ浦の湖畔を歩き、養魚場や舟溜まりをいくつか過ぎて木原漁港に到着する。実際に霞ヶ浦の漁港は見たこと無いので、休憩がてら眺める。このあたりも、つり客が多い。ゴールデンウィーク中なので子供も目立つ。
11時45分に馬掛不動堂に到着する。ベンチもあるので少し早いが昼食にする。12時5分、昼食後出発し安中まで来ると、立派な休憩所を発見、休憩する。このあたりに来ると景色はあまり変わらなくなるせいか、自分の歩いている場所が分からなくなる。やっと大山に到着。大山では湖畔を離れ少しの間内陸を歩きまた湖畔に出た。稲荷ノ鼻を通過する。稲荷ノ鼻から堂崎鼻までは湾のようになっている。1時間以上歩きコース終点の古渡橋が見えてくる。古渡橋は落橋しそうな橋で車両規制しているが、通行多く、車両に混じって橋を渡る。(18、水の恵みと水田地帯のみちに続く)

風景

ース行程(所要時間:5時間20分)
島津[9時10分]~木原[10時05分]~牛込[11時30分]~馬掛不動堂[11時45分(昼食12時05分出発)]~陸平貝塚[12時35分]~稲荷ノ鼻[13時20分]~古渡橋[14時30分]
その他のコース風景

 

馬見山付近・案内板前

 

 

大山休憩所前

 

 

古渡橋・美浦側

 

馬見山付近・案内板前 大山休憩所前 古渡橋・美浦側

コースの感想
霞ヶ浦の広さに恐れ入りました。水質の悪さでしょうか。場所によっては磯臭い場所もありました。[高橋裕介]
霞ヶ浦湖畔を歩きながら、自然と雄大さを感じました。[高橋洋子]

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課自然・鳥獣保護管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?