ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 自然・生物関連 > 自然 > 茨城県生物多様性センター > 新着情報20200401 茨城県レッドデータブック2020の刊行について

ここから本文です。

更新日:2020年6月26日

茨城県レッドデータブック蘚苔類・藻類・地衣類・菌類編2020年版を刊行しました

茨城県版レッドデータブック 蘚苔類・藻類・地衣類・菌類編2020年版の刊行について

本県では、希少な野生生物の保護をはじめとする施策を推進するため、県内に生息・生育する希少な野生生物の現状を明らかにすることを目的として、『茨城県版レッドリスト』を作成しています。

さらに,レッドリストに掲載された種について,生息状況等をとりまとめて編さんし、レッドデータブックとして刊行しています。

このたび,「蘚苔類・藻類・地衣類・菌類」について,初めてレッドデータブックとしてとりまとめ,「茨城県版レッドデータブック 蘚苔類・藻類・地衣類・菌類編2020年版」として刊行しました。

ibaraki_RDB2020_cover.jpg

『茨城県版レッドデータブック<蘚苔類・藻類・地衣類・菌類編>2020 年版』

サンプル(PDF:9,367KB)

レッドリストの見直しについて

蘚苔類・藻類・地衣類・菌類については,2019年3月にリストを公開しましたが,この度,レッドデータブックの刊行にあわせ,最新の知見に基づき見直しを行い,2020年3月に改訂版として公開しました。

茨城県版レッドリスト(蘚苔類・藻類・地衣類・菌類)

蘚苔類・藻類・地衣類・菌類の特性と重要性

  1. 蘚苔類・藻類・地衣類・菌類は,いずれも目立たない生物ですが,乾燥化,大気汚染,水質の汚濁等の生育環境の変化に極めて敏感であり,環境指標生物として,地域の環境評価を行う上で重要な役割を果たしています。
  2. 生息地が湿地や林地,河川,海洋等の限られた環境にあり,開発,森林の伐採,里地里山の手入れ不足,乱獲,さらには地球温暖化の進行などにより生息域が減少しており,また,乾燥化や水質の汚濁,大気汚染,温暖化等の環境変化の影響を受けやすいことから,近年多くの種が絶滅の危機に瀕しています。

今回の選定種数

分類

カテゴリー

蘚苔類

海藻類

淡水藻類

地衣類

菌類

絶滅

 

5

     

5

絶滅危惧Ⅰ類

8

15

19

19

13

74

絶滅危惧Ⅱ類

7

6

3

8

13

37

準絶滅危惧

22

10

2

8

19

61

情報不足

11

   

2

9

22

48

36

24

37

54

199

頒布について

県行政情報センター(県庁舎3階)において頒布しています。頒布価格は,税込み847円です。

 頒布に関するお問い合わせ先:県行政情報センター(茨城県庁3F)電話番号:029-301-2152

←戻る 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課生物多様性

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2940

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?