ストーカー犯罪

茨城県警察では「ストーカー規制法」に基づき、ストーカーの被害から皆さんを守るために相談窓口を設けています。被害に思い悩む前に、気軽に電話してください。このページでは、ストーカーのおもな手口や自己防衛対策についてご紹介します。

ストーカー規制法とは

ストーカー行為等の規制に関する法律(略称「ストーカー規制法」)
平成12年11月24日施行

この法律は、ストーカー行為を処罰する等ストーカー行為等について必要な規制を行うとともに、被害者に対する援助の措置等を定めることにより、個人の身体、自由及び名誉に対する危害の発生を防止し、あわせて国民の生活の安全と平穏に資することを目的として制定されたものです。
また、平成29年1月3日から、SNSを用いたメッセージ送信等を新たに規制対象とすることや罰則強化を柱とする改正ストーカー規制法が施行されました。

このページのトップへ戻る

つきまとい等・ストーカー行為とは

「つきまとい等」とは

特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対するえん恨の感情を充足させる目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系の親族若しくは同居の親族その他社会生活において密接な関係を有する者に対し、次のいずれかに掲げる行為をすることを言います。

「ストーカー行為」とは

以下のような、同一の者に対しつきまとい等を反復して行うことを言います。

つきまとい・待ち伏せ・押しかけ・うろつく 監視していると告げる行為 面会・交際等の要求 乱暴な言動
無言電話、連続した電話・FAX・電子メールの送信等 汚物などの送付 名誉を傷つける 性的しゅう恥心の侵害

ストーカーのおもな手口や自己防衛対策は、ストーカー行為の特徴や自己防衛対策についてをご覧ください。

このページのトップへ戻る

禁止行為・罰則

ストーカー規制法により、以下のような禁止行為、罰則が定められています。

禁止行為
  • つきまとい等をして不安を覚えさせることの禁止
    何人も、つきまとい等をして、その相手方に身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、
    又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせてはいけません。
罰則
  • ストーカー行為をした者
    1月以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 禁止命令に違反してストーカー行為をした者
    2年以下の懲役又は200万円以下の罰金
  • 禁止命令に違反した者
    6月以下の懲役又は50万円以下の罰金

このページのトップへ戻る

ストーカー犯罪の相談窓口

警察では、ストーカー犯罪被害者の相談窓口を設けています。
被害に思い悩む前に、気軽に電話して下さい。

  • 女性専用相談電話 電話:029-301-8107 (パートナー)
  • 県民安心センター総合相談 電話:#9110 (または029-301-9110
  • 配偶者暴力相談支援センター 電話:029-221-4166
配偶者暴力相談支援センターとは
配偶者暴力相談支援センターは、殴る蹴るといった暴力のほか、精神的な暴力についての電話や面接による相談、一時保護、各種情報提供を行っています。

そのほか、お近くの警察署でも相談を受け付けています。
茨城県内の警察署

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:生活安全部 人身安全対策課
連絡先:029-301-0110