ホーム > 茨城で暮らす > 男女共同参画・女性・青少年 > 青少年育成 > 茨城県青少年の健全育成等に関する条例 > 「茨城県青少年の健全育成等に関する条例」の一部を改正しました

ここから本文です。

更新日:2024年6月12日

「茨城県青少年の健全育成等に関する条例」の一部を改正しました

1正の趣旨

 茨城県青少年の健全育成等に関する条例では、「青少年」の定義を、結婚している方は成年とみなされるという観点から、16~17歳で結婚している方を除外するため「18歳に達するまでの者(配偶者のある女子を除く。)」としていました。

 このたびの民法改正により、令和4年4月から女性の結婚できる年齢が18歳に引き上げられました。これを受けて、条例における青少年の定義を性別に関係なく「18歳に達するまでの者」に統一する改正を行いました。

2正の内容

茨城県青少年の健全育成に関する条例 

第3章 青少年の健全な育成を阻害するおそれのある行為の規制(定義)第13条(1)

 ・改正前「18歳に達するまでの者(配偶者のある女子を除く。)をいう。」

 ・改正後「18歳に達するまでの者をいう。」

3行日

和6年4月1日 

係資料

新旧対照表(PDF:38KB)

改正後条例全文(PDF:210KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

福祉部青少年家庭課青少年・母子

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2183

FAX番号:029-301-2189

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?