ここから本文です。

更新日:2021年8月18日

流域治水の取り組み

 令和元年度東日本台風など、近年大規模な水害が頻発しているところであり、今後、気候変動による降水量の増大に伴い、さらに水害の激甚化・頻発化が予測されています。

 このような水災害リスクに備えるために、これまでの河川管理者等が主体となって行う治水対策に加え、河川流域全体のあらゆる関係者が協働し、流域全体で水害を軽減させる治水対策である「流域治水」への転換を進めることが必要です。

 このため、県内の各流域において、あらゆる関係者による流域治水協議会を設置し、流域全体で取り組むべき治水対策の内容を「流域治水プロジェクト」としてとりまとめ、流域治水を計画的に推進していきます。

県内の各流域における「流域治水プロジェクト」

一級水系

 県内の一級水系の流域治水プロジェクトについては、国が中心となって策定を行っており、詳細は国土交通省のホームページを参照ください。

  ■利根川・江戸川流域治水プロジェクト(外部サイトへリンク)

  ■中川・綾瀬川流域治水プロジェクト(外部サイトへリンク)

  ■鬼怒川流域治水プロジェクト(外部サイトへリンク)

  ■小貝川流域治水プロジェクト(外部サイトへリンク)

  ■霞ヶ浦流域治水プロジェクト(外部サイトへリンク)

  ■久慈川流域治水プロジェクト(外部サイトへリンク)

  ■那珂川流域治水プロジェクト(外部サイトへリンク) 

二級水系

 茨城県が管理する二級水系の流域治水対策については、茨城県が事務局となって協議会を設置し、取り組みを進めます。

  ■茨城県二級水系流域治水協議会

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部河川課計画・企画調整

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4486

FAX番号:029-301-6356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?