ホーム > 茨城を創る > 情報政策・情報通信 > 情報セキュリティポータルサイト

ここから本文です。

更新日:2020年10月22日

情報セキュリティポータルサイト

最近のセキュリティ情報(10月22日更新)

特別定額給付金の給付を騙ったメールにご注意ください

現在総務省や自治体を騙るメールアドレス(例:info_atmark_soumu.go.jp)から,「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。」などの不審メールが多数送信されています。詳細は上記リンクから御確認ください。

自治体の公式サイトを模倣した偽サイトにご注意ください

インターネット上で,特別定額給付金に関するものも含め,自治体のホームページを模倣した「偽サイト」が複数確認されています。詳細は上記リンクから御確認ください。

元茨城県職員を名乗った「なりすましメール」に御注意ください

元茨城県職員の氏名と公務で使用されていたメールアドレスを名乗って金銭の支払いを求める「なりすましメール」が複数確認されています。詳細は上記リンクから御確認ください。

情報処理推進機構(IPA)が、情報セキュリティ10大脅威2019の順位を発表しました。(外部サイトへリンク)

2018年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案を、「個人」と「組織」という異なる視点からそれぞれ選出しており、今回はメールやSNSを使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求といった事例やサプライチェーンの弱点を悪用した攻撃の高まりが新たに選出されました。

内閣サイバーセキュリティセンターが、ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブックを更新しました。(外部サイトへリンク)
セキュリティ対策の基本から攻撃を受けた場合の対処まで,インターネットを安全に利用するために必要な知識が詳細に紹介されています。

はじめに

私たちは仕事や生活でパソコン、携帯電話、スマートフォン等の様々な情報機器を利用しています。また、こうした情報機器がインターネットにつながることで、ホームページやメール、SNS等で情報の入手や交換を行っているほか、ショッピングやネットバンキングなども利用できるようになっています。

ところが、こうしたインターネットや情報機器の急速な普及に伴って、様々な事件やトラブルも起こるようになっています。情報機器がコンピュータウイルスに感染したり、パスワード等の情報が盗まれたり、金銭が詐取されるといった問題のほか、サイバー攻撃により大量の情報が漏えいするといった事件が発生しています。

このサイトでは、個人や組織にとっての情報セキュリティ対策の基本知識や最新の情報セキュリティに関する情報の入手先、情報セキュリティ事件等(インシデント)が発生してしまった場合等の相談先、情報セキュリティに関する知識を深める上で参考となるサイトやガイド等の紹介を行っています。

このサイトの内容

個人にとっての情報セキュリティ対策の基本

  1. 情報セキュリティ対策の基本
  2. どういった情報セキュリティ事件等(インシデント)が発生しているか
  3. 安全にスマートフォンを使うために

組織にとっての情報セキュリティ対策の基本

  1. 組織にとっての情報セキュリティ対策の必要性
  2. 最低限行うべき情報セキュリティ対策
  3. 情報セキュリティ事件等(インシデント)が発生した場合の対応

情報セキュリティ事件等(インシデント)の発生やサービス利用等に関する各種相談先

コンピュータウイルスの感染や不正アクセス、違法・有害情報を見つけた場合の通報先等について紹介しています。

情報セキュリティに関する知識を深める上で参考となるサイトやガイド等

情報セキュリティ全般についての基礎知識やスマートフォン利用に当たっての留意事項、サイバー攻撃等へ対応するために参考となるサイトやガイドを紹介しています。

 

このページに関するお問い合わせ

政策企画部情報システム課情報化推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2546

FAX番号:029-301-2598

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?