ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

労働生産性,所得,人口増減の関連に関する考察

 平成30年3月30日

茨城県企画部統計課(企画分析グループ)主任:島田康裕

  • (注)本稿は,著者個人の責任で執筆されており,茨城県企画部統計課の見解を示すものではない。

はじめに

市町村毎の生産面から捉えた地域ベース(内ベース)での労働生産性と分配面から捉えた住民ベース(民ベース)所得には,それぞれの水準に相違がみられる。その相違を発生させる一因として,通勤の影響を国勢調査によってみたところ,当該市町村外への通勤により所得が平準化されている可能性が考えられた。さらに各都道府県単位での労働生産性の高低と人口増減の間には概ね正の相関がみられた。

 

本文

PDF形式ダウンロード(PDF:1,384キロバイト)

 

ページの先頭に戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部統計課企画分析

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2642

FAX番号:029-301-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?