ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

農家所有の牛からの受精卵の採取について

 当センターでは,農家が所有する雌牛から受精卵を採取(採卵)しています(”野外採卵”と呼んでいます)。

採卵とは

 牛は通常1回の発情で卵子を1個しか排卵しません。そこで,ホルモン剤処理により卵子をたくさん排卵させ,そこに人工授精することで体内に複数の受精卵を発生させ,回収する技術です。

 概要はこちら → 野外採卵リーフレット(PDF:102KB)

申込み

 採卵希望の牛の発情を確認したら,まずは獣医師などを通じて当センターまでご連絡ください。採卵プログラムを組んで,農場まで採卵にお伺いします。

牛受精卵採卵依頼申込書(ワード:39KB)

牛受精卵採卵依頼申込書(PDF:50KB)

留意点

  • 採卵した受精卵は依頼者の所有となります。
  • 採卵する牛の登録や遺伝子型検査料,ホルモン剤や精液の経費などは依頼者の負担となります。
  • 受胎率の調査など,牛の繁殖性に関する調査にご協力いただきます。
  • その他については,こちら(PDF:67KB)をご覧ください。

採卵を希望する場合の問い合わせ先

 ご質問やお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

  茨城県畜産センター(受精卵供給センター)

  315-0132 茨城県石岡市根小屋1234

  TEL:0299-43-3333

  FAX:0299-43-6392

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部畜産センター飼養技術研究室

茨城県石岡市根小屋1234

電話番号:0299-43-3333

FAX番号:0299-36-4433

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?