ホーム > 茨城を創る > しごと・雇用 > しごと情報いばらき > 人材の育成・送出し・受入れ促進に向けた新モンゴル学園との協力覚書の締結について

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2022年2月10日

人材の育成・送出し・受入れ促進に向けた新モンゴル学園との協力覚書の締結について

県内産業を支える優秀な外国人材の受入れ促進に向けて、人材分野での連携を図るため、昨日(2月9日)、大井川知事が、日本語教育が盛んで日本への就職実績も多い新モンゴル学園(ウランバートル市にあり、高専・大学等を運営)と「人材の育成・送出し・受入れ促進に関する協力覚書」を締結しました。
なお、新型コロナウイルス感染症の影響で渡航が困難なことから、オンラインでの締結といたしました。

1.締結式の概要

日時 :令和4年2月9日(水曜日)14時00分~14時20分

場所 :知事第2応接室

出席者:新モンゴル学園 ガルバドラッハ理事長、ガントゥール専務理事、ツェンドスレン高専校長
    茨城県 大井川知事

2.覚書の内容

主に以下の分野において協力関係を促進するもの。

 ・同学園が運営する新モンゴル高専、新モンゴル工科大学などを卒業後に茨城県に就職・留学するモンゴル人材の育成・送出し・受入れ
・ジョブフェア、インターンシップ等の実施
・安心して働くための環境づくり
・帰国後の就労支援  など

3.発言要旨

ガルバドラッハ理事長

公的な機関と覚書を締結するのは茨城県が初めて。研究機関の集積や製造業を中心とした産業が発展している茨城県は、モンゴルでも有名である。今後、連携を深めながら、茨城県内の企業に就職する学生を増やしていきたい。

大井川知事

人手不足の状況において、新モンゴル学園の優秀な卒業生に県内の企業に就職いただけるのは大変ありがたい。本覚書に基づき、人材の育成・送出し・受け入れを促進し、両国の経済発展に繋げたい。

4.写真

teiketushikishasin1

知事の隣のモニター中央に映っているのが新モンゴル学園のガルバドラッハ理事長


teiketushikishasin2

 モニター左から、ガントゥール専務理事、ガルバドラッハ理事長、ツェンドスレン高専校長

このページに関するお問い合わせ

産業戦略部労働政策課雇用促進対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3645

FAX番号:029-301-3669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?