ここから本文です。

更新日:2021年11月24日

12月1日は「世界エイズデー」です

キャンペーンテーマ

「レッドリボン30周年 ~Think Together Again~」

      レッドリボン
    • 世界エイズデーとは、WHO(世界保健機関)が世界レベルでエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として定めたものです。
    • レッドリボンは、HIV・エイズへの理解と支援のシンボルです。今年はレッドリボンが使われ始めてから30周年になります。原点に立ち返って考えてみるとともに、HIV・エイズに関する検査や治療、支援などの知識を身につけ、HIV検査の受検促進や差別・偏見の解消につなげていこうというメッセージがこめられています。 

 

      令和2年度の全国の新規HIV感染者報告数は750件(令和2年度エイズ発生動向年報より)、新規エイズ患者報告数345件、合計1,095件でした。感染経路は、性的接触によるものが8割以上で、男性同性間性的接触によるものが多くなっています。HIV感染は予防できる病気です。適切な予防策をとり、可能性があればまず検査を受けましょう。(令和2年エイズ発生動向年報 HIV感染者・HIV患者年間新規報告数確定値より抜粋)
    検査についてはこちら

このページに関するお問い合わせ

保健医療部中央保健所保健指導課

茨城県水戸市笠原町993-2

電話番号:029-241-0100

FAX番号:029-241-5313

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?