ここから本文です。

ギャンブル相談

茨城県精神保健福祉センターは、茨城県の依存症相談拠点機関です。

 

ギャンブル行為から依存症になることもあります。ギャンブル問題の場合,借金などの金銭面で問題が表面化することが多いです。資金調達のため職場や家庭で嘘をつくこともあります。家族が借金を肩代わりすることが多いですが,肩代わりしてしまうことで,本人が自分の問題と捉えることができず,回復を遅らせてしまうこともあります。ギャンブル依存の場合は借金は細く長く返していくことがよいとされています。借金問題は司法書士や弁護士などの専門家に相談することも重要です。また,精神保健福祉センターでもギャンブル依存症についての相談を受けていますので,お気軽にご相談ください。

 

 

家族教室のご案内

ギャンブル問題等でお悩みのご家族を対象とした家族教室を開催しております。

日時:第4月曜日13:30~15:00(祝日と重なった日は除く)

会場:精神保健福祉センター3階ミーティングルーム

問合せ先:精神保健福祉センター相談援助課(TEL:029-243-2870)

予定が変更となる可能性があるため、開催状況に関しましてはお問い合わせください。

 

令和2年度予定

 

4月27日 依存症という病気
5月25日 家族の安全
6月22日 家族のセルフケア
7月27日 NPO法人全国ギャンブル依存症家族の会のメッセージ
8月24日 本人の行動を知る
9月28日 GAのメッセージ
10月26日 依存症という病気
12月28日 コミュニケーションを変えてみる
1月25日 多重債務への対応
2月22日 ギャマノンのメッセージ
3月22日 家族のセルフケア

 

自助グループ等関係機関リンク

関係機関リンクへ